九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

根魚

地磯DE根魚

ようやく涼しくなってきましたね、宮崎も。

P1050385

なかなかまとまった時間もなく、近場でチョイ釣りばかりしているこの頃です。
で、根魚。

今回はDUELのソルティ―ラバーにこだわって釣行してみました。
『こだわった』とは言っても結果的にそうなったんですが・・・・・。
いつもはテキサスリグを使い組み立てているのですが、この日はかなりの時化模様。時折危険な波が磯場を駆け上がってきます。
メインはソルティーベイトの30g・40g。
P1050400

タックルバランスはシマノのシーバスロッド9fのLクラスにメインライン1号。このバランスですと40gはかなり無理があるのですが時化模様の海況の中、かなり良い仕事をしてくれました。実際のところ、「根こそぎ」いきたい方はMクラスでしょう。
Lクラスですと快適なんですが一日やっていると、どうしょうもないヤツがきますので。

ソルティーベイトはもともとタコベイトがついています。トレーラーを色々と試してみるのも面白いでしょう。グラブ系、シャッド系、バグ系となんでも使えます。

P1050388


『ソルティーベイトの多面カットの強烈なフラッシングが遠くの魚を呼び寄せたぜ!!』と、どこぞの雑誌のような事があったのかどうかはわかりませんが、今日に関しては明らかに反応がよろしいようでした。

P1050392




根魚探求

すべての魚に言えることですが、年々厳しくなってきています。

お手軽イメージの強い根魚釣りではありますが、それなりに答えを出そうと思えば、それ相応の努力が必要となってきます。
よく『足で稼ぐ』と言いますが足場の良い漁港周りを打って行ってもなかなか厳しいモノが。
やはり磯周りが良いでしょう。

P1030608

P1030665

厳しいところにはそれなりに魚が残っていますが、安全面を考えると単独釣行は避けた方が無難。

P1030614
P1030660

リグはテキサスで良いでしょう。場所によりますが1オンスまでのバレットシンカー、PEラインは1号~1.5号。
ロッドはシーバスロッド、ベイトよりもスピニングに分があります。
シンカーはタングステンを使えればよいのですが、価格的に難がありますので『ここぞ!』と言う時に投入。

ルアーはエコギア『グラスミノーL』一択。ルアーにこだわらない方はイカ短冊。一度イカをグラスミノー風にしてみましたが全く意味はありませんでした。ちなみにバグアンツ系は必要ありません。
能書きよりも場所です。
グラスミノーに限らず水温の高い時期はフグの猛攻をうけることがありますが、やられ辛いカラーというものがありますので探して見て下さい。

根魚は、調子に乗っているとすぐにいなくなってしまいますので長く楽しみたいのなら場所のローテーション等の自主規制は必要でしょう。

足元から水深のある場所はカワハギも面白いです。市販胴つき仕掛けとオキアミがあれば結構楽しめます。うまくはまれば20~28㎝クラスの肝パンが20匹前後釣れたりするのでやめられません。
胸やけするほど肝あえが喰えますよ。
P1030658

ブログランキング参加中です。よろしくお願い致します。

人気ブログランキング
記事検索
ギャラリー
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 2016 五ヶ瀬川鮎 夏の終わり
  • 2016 五ヶ瀬川鮎 夏の終わり