九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

鯛ラバ

臼杵湾ブルースなタイラバ釣行

久しぶりの更新、ホントお久しぶりです。
更新をサボっていた間ものぞいてくれていた皆さま、ありがとうございます。


大分県は臼杵湾、キャプテン伊東の操る『ブルースフィッシングサービス』 
様々な魚種をいろいろなメソッドで提案してくれるご機嫌な遊漁船です。

P1050065
P1050068




鯛ラバといえば・・・
やることといえば・・・・・・
まいて落とす・・・・だけ。
最近はいろいろと小難しいことを語る人もいますがやはり・・・・・・だけ。

とはいえその『だけ』を気持ちよくさせてくれるのは船長のプランニングと気配りによるところが大きいのは言うまでもありません。
P1050070
 パラシュートアンカーの設置も実に手際が良い



現場に到着すれば船長を信じてなるべく海の中に鯛玉を泳がせているのが最大のコツ。
いざポイントについたとき、疑心暗鬼にならないためにはそれなりの準備が必要なのはどの釣りでも同じ。

鯛ラバのセレクト
今日は深場を攻める、との事ですのでメインのウエイトは120~150グラムを用意。今では多種多様な商品が選択できますので私の場合、既製品をメインに、その海域でカバーできないものに関しては少し手を加える程度です。

P1050078

いろいろなシチュエーションに対応するためには持ち込めるだけ持ち込むのが正解ですが、現実的ではありません。
私自身あまり深く考えないので、そのセレクトはごく単純。


ヘッドの選び方
ヘッドに関してはお好みのものをその海域に合わせて40g~150gまでを用意。固定式にしろ誘導式にしろフックの交換が簡単なものが良いでしょう。色はお好みで。
P1050061


ネクタイの選び方
ストレートタイプをメインにボリューミーなタイプも必要。タコベイトタイプやカーリーテールタイプ、これもカラーはお好みですがキラキラ系が効くこともあるので準備しておくと良いでしょう。
P1050063


鯛ラバメソッド
上のほうでも述べましたが、コツは余計なことはしないこと。一流し1セットの中で疑心暗鬼になり仕掛けを上げて組直すことなど愚の骨頂。タルい時間帯も淡々と事をこなしましょう。


この日は平日ながら8名満船。竿頭の方は80センチオーバーを含め3枚、私自身も何とか一枚で船中全員安打達成。船長はしきりに『渋い、苦労するな~』としきりに言っておりましたが十二分に楽しむことができました。

ブルース 真鯛
BlogPaint
 ウエイトののった80オーバーのすばらしい個体




これからさらに登り調子になるとのこと。近々またお邪魔したいと考えています。





キラキラ効果

この時期、めったに友釣り以外の釣りには出かけませんが、昨日も五ヶ瀬川は泥にごり。

というわけで久々の鯛ラバ。


大分県におじゃましてきました。


s-P1020207.jpg 


義兄のお友達のマイボなのですが、船付場から目と鼻の先にポイントがあります。

私は午後3時ほどから参戦。


s-P1020210.jpg 



s-P1020212.jpg 



イワシ付きだからどうかはわかりませんが、やたらと『キラキラネクタイ』に反応します。

ノーマルネクタイを使用していた私には全く当たりなし。

それではと、40グラムほどのジグを適当に投げていたら、3枚ほど型を見ることができました



s-P1020214.jpg 



s-P1020221.jpg 




短時間でしたが実に楽しかった。

本当にありがとうございました。


記事検索
ギャラリー
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 2016 五ヶ瀬川鮎 夏の終わり
  • 2016 五ヶ瀬川鮎 夏の終わり