九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

ヒラスズキ

スモールボートとヒラズズキ


後輩『昨日、某ポイントが熱かったですよ!!今日行きませんか?』

私  「フムフム、あそこに魚が入っていればあそこにもいるな…」
   『 いや、ほかにも友達来るんでしょ?俺は他のポイントに入って自分の釣りをするわ。(キリッ)』


とまあ、カッコつけて他の場所に入ったのは良かったのですが ノーバイト。挙句ヘッドランプの電池切れ。そそくさと逃げ帰りました。後輩は良い魚を揚げてました。素直に行きゃー良かったよ。

毎日のように釣りに行ってた頃ならいざ知らず、たまにしか行かなくなると魚の動きが分からなくなりますし、情熱をもって釣りをやっている方には到底かないません。 

ということで『上げ膳下げ膳』、私投げるだけ、のスモールボートの釣りへ連れていってもらいました。

P1030920

この日は大潮。魚の付き場も分かり辛い傾向にあるため、絨毯爆撃戦法。 
日ごろ見慣れている景色もアングルが変われば実に新鮮。

P1030933

P1030948
P1030971
P1030955

P1030976

ヒラスズキも出てくれました。良い潮が入っているようです。ほぼトップウォーターオンリーでの釣行ですが、付き場が分からない時、ラトル入りのプラグを持っておくと効率が良いと思います。

P1030977

私の場合、ヨーズリ『サシミペンシル』のカラー違い、フックサイズ違いを多用しています。
今からいよいよハイシーズンですね。楽しみです。



人気ブログランキング参加中です。ご協力お願いいたします。

 人気ブログランキング

うまくいかないモノです

月曜日が定休日な私は日曜の夕方になるとソワソワし始めます。
天気も良いし高速道路もつながったため、大分に鯛ラバ、と考えます。
しかし昨日の予想では荒れ模様。カセ釣りのフカセも厳しそうです。そうなるとおのずとヒラスズキへ、となります。
しかし現場に着くとベタ凪。完全に読み違えました。

P1030753

P1030761

この状況でも一匹はルアーを見に来てくれたのですがそれっきり。
しかし潮位が下がりバイトのあった場所を見に行くと『なるほどな!』と思わせるような地形で、多少の収穫はあったわけです。

P1030766



人気ブログランキング参加中です。ご協力お願いいたします。

 人気ブログランキング

気楽にいこう

P1030235

歩けども歩けどもうまくいかない時もある。

いや、うまくいかない時のほうが多い。 

P1030234P1030241

『今年はおかしい』というけれど、毎年言ってる気がしませんか?

P1030229

『おかしいのが普通』

そう考えると気楽になりません?




人気ブログランキング参加中です。ご協力お願いいたします。
人気ブログランキング

ヒラスズキ初心者編 ルアーセレクト

前回に引き続きヒラスズキ、今回はルアー編

多種多様なルアーがあふれかえっていますが、とりあえずこれがあれば、といった物をセレクト。
私が実際に車→現場→車という1セットで持ち込む物です。

P1030722
ミノー
組立ての基本となる12㎝クラスのもの。九州では欠かすことができない『アイルマグネットDB』を中心に「きっちりと泳ぐ系」と「漂わす系」のリップレス、『ハードコアTT』。



P1030723
トップウォータープラグ
遠浅のポイントの多い宮崎ではかなりの頻度で投入。水面を爆発させもんどりうって食いつく様はヒラスズキのだいご味。
写真下のハイドロポッパーはアピールと食わせを両立できるすぐれもの。その存在、地味ですが・・・。タックルハウスのフィードポッパーもお勧めですが、フックサイズの対応力はこのルアーならでは。オフショアのカツオやキハダでもいい仕事をしてくれます。



P1030724
小型ミノー
ヒラスズキ、いれば食ってくるイメージが強いのですが意外と偏食家。最近多用するのは写真下、ヨーヅリ『LミノーへビーウエイトS』。各サイズ。イメージはラパラCD3のぶっ飛びバージョン。これもフックサイズに対する汎用度が高いです。特に33mmはフックが泳いでいるようです。
小型ベイト対策としてはエコギアのグラスミノーなどのワームも良く釣れます。あほみたいに釣行していた時は『スラッグゴー』のノーシンカーも使用していましたが今は使っていません。


P1030725
シンキングペンシル
これも各社発売されていますが、ヒラスズキでその威力を知らしめたのがスカジットデザインの『スライドベイトヘビー』でしょうか。
シンペンは各社良い商品をリリースしていますが、この分野、『価格は正義』です。なぜなら根ガカリが多発するから。磯際にぶち込めばそれだけ答えが返ってきます。写真は『アダージョヘビー』



P1030727
ジグ&バイブレーション
これもあたりの多いルアーですがバレ易いのが玉にきず。ただ必携ではあります。




P1030728
その他 お勧め
大人の事情で今は使用していませんが、上からタックルハウス社『TKR130H』同『リップルポッパー』、シマノ社『オシアペンシル120S,SS』。写真にはありませんがダイワ社『TDペンシル』も外せないところです。

初心者の方は手持ちのシーバスプラグに上で挙げたような物を買い足していけば、無駄な出費を抑えることができるのではないでしょうか?



人気ブログランキング参加中です。ご協力お願いいたします。
人気ブログランキング

ヒラスズキタックル『これを買え!!』初心者編

荒磯の王者『ヒラスズキ』。
シーバスからステップアップを考えているものの雑誌、メディアなどの情報で『危険』『ストイック』などと記載している場合も多く、二の足を踏んでいる方も多いと思います。
P1030716

近くに教えてくれる方がいる人はすんなりと入っていけると思いますが、そうでない場合、なかなか難しいものがあります。
雑誌の特集、または有名アングラーのお薦めタックルでそろえる。これも間違いではありませんが、多くの場合『大人の事情』というものがからんでくるので、どうしても高額になってしまいます。

P1030717

ヒラスズキを始めようとしている方は、『おおむねシーバスはやってるよね』という仮定のもと、多分やり始めたらやり込むし、長く使えるものが・・・・という人向けに、お値打ちなお薦め商品を紹介したいと思います。


ロッド&リール
様々なメーカーが多種多様なモノを発売していますが、『ダイワorシマノ』に絞りましょう。現状、この二社が色々な意味でずば抜けています。自分の色を求めるのはやりこんでからで良いでしょう。



シマノ ルナミスS1100M
私はルナミスとFCLLABOのUC11を状況により使い分けていますが、ほとんどの場合ルナミスで事足ります。実売30,000円を切る価格で購入できますので、コスパも優れています。
今年新型が出ますが、某シマノ工作員の言葉を借りれば『すごい』との事。唯一、リアグリップのヘンテコリンな形状が嫌ですが、一日使えばまぁ慣れました。5キロ程のハマチでしたら対応できます。(過去記事参照)

シマノ バイオマスターSW4000XG
このリール、一昔前のイメージとは大違い。SWとなり素晴らしくなりました。バランス的には無印4000XGですがバイオには設定がないです。
無印XGをヒラスズキで長く使うならツインパワー以上が無難。出来ればステラ。なぜなら磯場で魚を掛けると、どうしてもリールに仕事をしてもらう場面が多くなるので、ギアの耐久性は必須。

ウェーダー
ウェーダーは透湿素材のソックスタイプ。色々試しましたが国産であればRBBあたりが安くて信頼できると思います。新興メーカーもたくさんありますが、ひとつの目安として『GORE-TEX』を扱えるだけの器量があるか。ゴアそのものの性能と言うよりもゴア社の厳しい縛りをクリアできるか、ということだと思います。

シューズ
フェルトスパイクかピンフェルトが様々な状況に対応できます。(過去記事参照)

ライフジャケット
最近主流の『ポケットたくさん、色々なモノじゃらじゃら』な物はよろしくありません。磯場で移動中引っかかったり,磯場をへつるときポケット部が邪魔をします。
もちろんシーバスで使用しているものがあれば新調する必要はありませんが、この際、と思われる方はカルティバ『ゲームフローティングベスト』がお薦め。短めの身頃、フィット感、軽さ、と、どれをとっても磯専用は伊達じゃない、と思わせます。

hira,s 122


最後に『ウェットスーツがいいんじゃないの?』と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、初心者はやめておきましょう。
ヒラスズキはかなり危険な部類の釣りになります。どんなエキスパートでも『不意に』ということは常に起こりえます。始めて間もないうちは『被らない、浸からない、泳がない』を心掛けましょう。ここ大切です、
さぁ皆さんご一緒にぃ~

   『被らない、浸からない、泳がない』




人気ブログランキング参加中です。ご協力お願いいたします。

人気ブログランキング
記事検索
ギャラリー
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 2016 五ヶ瀬川鮎 夏の終わり
  • 2016 五ヶ瀬川鮎 夏の終わり