九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

エギング

ティップランエギング考

『投げる釣りがすきか、落とす釣りが好きか』といわれると、どちらかといえば『投げる釣り』釣りが好き。

P1030749

そこでティップラン。
ハマった時の爆発力は素晴らしいものがあります。ただサンデーアングラーの立場からするとなかなか条件の合う時に釣行できないというジレンマが付きまといます。
ティップランにビシッ!!とあう風、潮、というものは、なかなかないので、アンカリングしてのキャスティングを組み合わせながら、というのが現実的であると思います。
今回のような小型ボートではエレキなどで微速前進、というのが一番釣れる近道ではありますが、まんま曳き釣りになるのと、トローリング禁止の条例に抵触するのではないか?という声もありますので、やめておいたほうが無難でしょう。
その昔、100mラインまで攻めてみました。ジギングの様に船を立てながら。まぁ釣れるには釣れるのですが、面白いか?と言われれば『うーん』といったところです。

『大好きな釣り』の中の好き嫌いの話ですけどね。



人気ブログランキング参加中です。ご協力お願いいたします。

人気ブログランキング

いい加減な感覚

先日の釣行での会話。

ふー太郎『あれ?根がかり?ん?やっぱり根?うわっ、イカじゃ~』

私  『何年釣りやってるの?俺クラスになるとイカが3m以内に近づいたら水流の乱れで分かるけど!!」

P1030747


などと軽口をたたきながら釣行していました。

人の感覚というものは素晴らしい半面、一方では実にいい加減でもあります。前にこんな実験をやってみたことがあります。(過去記事参照)
思った以上な凡人っぷりでした。

雑誌などでは『それ、本当?』といった記述をみることがありますが、常人離れした感覚の持ち主というのは少なからずいらっしゃるのでしょう。

なんだかんだ言っても『釣ったもん勝ち』ではありますけどね。



人気ブログランキング参加中です。ご協力お願いいたします。
 人気ブログランキング

小型ボート釣行

潮は動かない、無風。
小型ボートの機動力をもってしても厳しい状況でした。
しかし、厳しい状況になるのは想定内だったため、エギ、真鯛テンヤ、カワハギ仕掛けを持ち込みなんやかんやと。
P1030735
 
P1030733

真鯛は不発。ティップランもよほど状況が合わなければ思うような展開とはなりません。なんとかキロサイズをふーちゃんが釣りあげホッと一息。

P1030739

DUEL ez-Q フラッシュフィンTR

P1030744


それにしても休日は時間の進むのがはやいことはやいこと。



人気ブログランキング参加中です。ご協力お願いいたします。




 人気ブログランキング

機能美

長年釣りをやっていると観ただけである程度『このルアー釣れる』というものが分かってきます。

このエギ、はじめてみたときの印象はあまりよいものではありませんでした。
エギング取材 (14)
  DUEL EZ-Q CAST

いけすに入れたときの反応なんかも違うんですよ、これが。これほど印象の変わったルアーもめずらしいですね。
釣れるとなると『またこんなもん・・・』と思っていたパタパタフットも美しい機能美に見えてくるからゲンキンなものです。



人気ブログランキング参加中です。ご協力お願いいたします。
人気ブログランキング

ちょいと工夫を

s-2011 12 14 009  


ボートエギングで使用しているタックルケース『バケツ』

基本、一度釣った餌木はその日は使わないため、一日のローテーション量は結構なものになります。

使用した餌木やルアーを使っていない物と一緒にするのも精神衛生上よろしくありません。

更に最近出た足つきのエビちゃんは油断するとケースの中で足が曲がってしまいます。

家に帰ればそのまま塩抜き。

そのため、いちいちケースにしまわずにこの形をとっていました。

非常に使い勝手は良いのですが、針が外側に出ているため同船者の足に引っかかることがありました。



そこで少し工作してみます。

用意するのは家にあった『プラ段ボール板』とコマセなどに利用するバケツ。


s-P1020466.jpg 


見ての通り、子供と一緒に両面テープで貼りつけただけですが・・・

これによりローテーションに迷いがなくなり手返しアップ。そして釣果倍増!!
 

と、なるわけはないでしょうが、少なくとも迷惑をかけることはなくなるはずです

既出のアイディアかもしれませんが、ルアー用も作っておこう。 

 



記事検索