九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

ルアー

臼杵湾ブルースなタイラバ釣行

久しぶりの更新、ホントお久しぶりです。
更新をサボっていた間ものぞいてくれていた皆さま、ありがとうございます。


大分県は臼杵湾、キャプテン伊東の操る『ブルースフィッシングサービス』 
様々な魚種をいろいろなメソッドで提案してくれるご機嫌な遊漁船です。

P1050065
P1050068




鯛ラバといえば・・・
やることといえば・・・・・・
まいて落とす・・・・だけ。
最近はいろいろと小難しいことを語る人もいますがやはり・・・・・・だけ。

とはいえその『だけ』を気持ちよくさせてくれるのは船長のプランニングと気配りによるところが大きいのは言うまでもありません。
P1050070
 パラシュートアンカーの設置も実に手際が良い



現場に到着すれば船長を信じてなるべく海の中に鯛玉を泳がせているのが最大のコツ。
いざポイントについたとき、疑心暗鬼にならないためにはそれなりの準備が必要なのはどの釣りでも同じ。

鯛ラバのセレクト
今日は深場を攻める、との事ですのでメインのウエイトは120~150グラムを用意。今では多種多様な商品が選択できますので私の場合、既製品をメインに、その海域でカバーできないものに関しては少し手を加える程度です。

P1050078

いろいろなシチュエーションに対応するためには持ち込めるだけ持ち込むのが正解ですが、現実的ではありません。
私自身あまり深く考えないので、そのセレクトはごく単純。


ヘッドの選び方
ヘッドに関してはお好みのものをその海域に合わせて40g~150gまでを用意。固定式にしろ誘導式にしろフックの交換が簡単なものが良いでしょう。色はお好みで。
P1050061


ネクタイの選び方
ストレートタイプをメインにボリューミーなタイプも必要。タコベイトタイプやカーリーテールタイプ、これもカラーはお好みですがキラキラ系が効くこともあるので準備しておくと良いでしょう。
P1050063


鯛ラバメソッド
上のほうでも述べましたが、コツは余計なことはしないこと。一流し1セットの中で疑心暗鬼になり仕掛けを上げて組直すことなど愚の骨頂。タルい時間帯も淡々と事をこなしましょう。


この日は平日ながら8名満船。竿頭の方は80センチオーバーを含め3枚、私自身も何とか一枚で船中全員安打達成。船長はしきりに『渋い、苦労するな~』としきりに言っておりましたが十二分に楽しむことができました。

ブルース 真鯛
BlogPaint
 ウエイトののった80オーバーのすばらしい個体




これからさらに登り調子になるとのこと。近々またお邪魔したいと考えています。





Mariaフラペンを購入

某量販店で大量入荷していたMaria社フラペン。
リア部に付いているパタパタ装置に惹かれて購入。

 vfps85_main[1]
   ※画像はメーカーHPより拝借

『ルアー買うことないでしょ?』と良く言われるのですが、面白そうなものがあると結構購入しています。そのルアーメーカー単体での絶対評価ができるほどの見識は持ち合わせていないもので。 

実際に投げてみると、なるほど良く飛びます。リトリーブ時はフラップが開く事により引き抵抗が増し、結構派手目なその動き。 
名前にもある通り『ペン』というからにはシンペンの一種だろう、と思っていましたが、ナチュラルな動きでターゲットの食い気を誘うシンペンというよりは、普通にミノーです。そりゃそうだ、後ろにこんな大きなリップがついてれば・・・。

だったら普通のミノーで十分じゃないの、と思います。目新しいギミックで目を引くものの本末転倒。その発明自体すごく面白いのですが、なんだか『電力発電』という言葉が思い浮かびました。

こういったギミックが施されたルアーはたいてい短命で終わるのが常です。ただ各メーカーはこういった『意欲作』をもっともっと世に送り出してもらいたいものです。 


 人気ブログランキング参加中です。ご協力お願いいたします。
 人気ブログランキング

ヒラスズキ初心者編 ルアーセレクト

前回に引き続きヒラスズキ、今回はルアー編

多種多様なルアーがあふれかえっていますが、とりあえずこれがあれば、といった物をセレクト。
私が実際に車→現場→車という1セットで持ち込む物です。

P1030722
ミノー
組立ての基本となる12㎝クラスのもの。九州では欠かすことができない『アイルマグネットDB』を中心に「きっちりと泳ぐ系」と「漂わす系」のリップレス、『ハードコアTT』。



P1030723
トップウォータープラグ
遠浅のポイントの多い宮崎ではかなりの頻度で投入。水面を爆発させもんどりうって食いつく様はヒラスズキのだいご味。
写真下のハイドロポッパーはアピールと食わせを両立できるすぐれもの。その存在、地味ですが・・・。タックルハウスのフィードポッパーもお勧めですが、フックサイズの対応力はこのルアーならでは。オフショアのカツオやキハダでもいい仕事をしてくれます。



P1030724
小型ミノー
ヒラスズキ、いれば食ってくるイメージが強いのですが意外と偏食家。最近多用するのは写真下、ヨーヅリ『LミノーへビーウエイトS』。各サイズ。イメージはラパラCD3のぶっ飛びバージョン。これもフックサイズに対する汎用度が高いです。特に33mmはフックが泳いでいるようです。
小型ベイト対策としてはエコギアのグラスミノーなどのワームも良く釣れます。あほみたいに釣行していた時は『スラッグゴー』のノーシンカーも使用していましたが今は使っていません。


P1030725
シンキングペンシル
これも各社発売されていますが、ヒラスズキでその威力を知らしめたのがスカジットデザインの『スライドベイトヘビー』でしょうか。
シンペンは各社良い商品をリリースしていますが、この分野、『価格は正義』です。なぜなら根ガカリが多発するから。磯際にぶち込めばそれだけ答えが返ってきます。写真は『アダージョヘビー』



P1030727
ジグ&バイブレーション
これもあたりの多いルアーですがバレ易いのが玉にきず。ただ必携ではあります。




P1030728
その他 お勧め
大人の事情で今は使用していませんが、上からタックルハウス社『TKR130H』同『リップルポッパー』、シマノ社『オシアペンシル120S,SS』。写真にはありませんがダイワ社『TDペンシル』も外せないところです。

初心者の方は手持ちのシーバスプラグに上で挙げたような物を買い足していけば、無駄な出費を抑えることができるのではないでしょうか?



人気ブログランキング参加中です。ご協力お願いいたします。
人気ブログランキング

NEWツインパワー2015

おなじみ大分県は浩啓丸へ。

この時期、四国沖で秋刀魚を追っている鰤へルアーを投げつけましょう、ということで今日のメンバー、相変わらずのキャスティングマシーンっぷりを見せつける松岡氏。

_DSC0058

そして紅一点、福岡でアングラーズバー『ショアスタイル』を営むかりなさん。
_DSC0062
_DSC0026


_DSC0004

大本命ポイントには近年まれにみるイルカの大群がお出迎え。
こいつら、愛くるしい姿で人気者ですが、実は獰猛さ、タチの悪さは相当なモノ。
その様はまさに『インテリヤクザ』のようです。

_DSC0013


_DSC0014

最後まで魚を探しまわりましたが厳しい一日となりました。

_DSC0033

_DSC0072

今回の釣行で初めて『NEWツインパワー』を使用しました。写真は新旧のTP。私の主観ですがかなり進化しています。

TPというと、悪い言い方をすれば『プアマンズステラ』とも呼ばれ、そのユーザー(私も含め)は『ステラじゃなくても十分だよね・…』と自分自身に言い聞かせながら使用するという、なにか一般庶民の悲哀とも言うべき雰囲気が漂っていました。
ただ今回のTP、高級感、剛性感共に十分。そしてステラにないその軽さは非力な女性アングラーに大きなアドバンテージを与えるものです。
PE6号までならこのTPでも行けそうですが、PE8号を使用したマグロやGTとなるとラインキャパの問題から現時点のラインナップではステラ使ってね、ということだと思います。

ツインパワー『でも』から、ツインパワー『が』へ。

大進化です。




この一本

 
厳しい状況を打開するとき、ぜったいに取りたい時、そんな状況で投入するフェイバリットルアーというものをお持ちではないかと思います。

そんなルアーの中でも、世間ではあまり使われていないもの、雑誌などの媒体でも殆ど登場しないものの『でも俺は大好き!!』といった商品も皆さんの中で一つや二つはあると思います。

今日はそんなルアーの紹介。



まずはこれ

2010 10 26 burogu 006 
タックルハウス TKR130H



詳しい説明はメーカーのWEBページに譲りますが、『ジャイロ』というギミックがほどこされています。

その動きの特徴は、トップでもなく、ミノーでもなく、シンペンでもなく・・・・といった一見とっつきにくく、『何じゃこりゃ』といったものです。

しかしその特性を理解すれば、今から始まろうとしている河川の落ち鮎パターンや、大分名物のコノシロパターン、はたまた磯のヒラスズキや青物まで幅広く活躍してくれます。

先の浩敬丸釣行でも渋い状況の中、唯一の一匹を絞りだしてくれたのもこのルアーです。

色々な媒体で『このルアーでないと捕れない魚だ!』という表現を見かけます。ソルトルアーでは特に再現性に乏しくそういった表現は好きではありませんが、そういった気にさせてくれる数少ないルアーです。




続いてはコチラのルアー

2010 10 26 burogu 007 
シマノ オシアペンシル115S SS


こちらはもともと対青物用として売り出されているルアーです。しかしリングとフックを交換することにより様々なシチュエーションで使用可能。

今から先の季節、サーフや、特に磯のヒラズズキで威力を発揮します。

シンペンというと細身で小型の物が多いのですが、これはそのボリュームと水噛みの良さでアピール抜群。それでいてナチュラル。

磯のヒラスズキでは状況によってSとSSを使い分けます。



4~5年前までは私の中で欠かせないルアー達でした。今では『大人の事情』で出番はめっきり少なくなりましたが・・・・・

みんなが知っているメジャーなルアーで釣るのも楽しいですが、釣具屋の陳列棚の隅に追いやられているルアーで釣るのもまた楽しいもの。



別に上記のメーカーからサポートを受けているわけではありませんが『良いものは良い』という事で。
















記事検索
ギャラリー
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 2016 五ヶ瀬川鮎 夏の終わり
  • 2016 五ヶ瀬川鮎 夏の終わり