九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

ギア

おすすめアイテム

それが目的ではなかったのですが大手のスポーツ量販店で物色していた時のこと。

『おっ‼良さそうだな』と思って手に取った商品が、事のほか良かったので紹介したいと思います。
ウェーディングシューズに使うインソールなのですが、元来、スパイク専用ということです。

P1050438

そもそもウェーディングシューズ自体の中敷き、ろくなものが使ってない。適当なスニーカーの流用だと思われるものや、水の中で使用するのにやけに水を吸う素材のものも。

その点、この商品は水を吸う素材ではないし(ポリウレタン)薄目なのでサイズにあまり響かない。何より1000円ちょっとなので万が一、足に合わなくてもダメージは少ないのが良。

P1050439 (2)

五ヶ瀬のような川底の表面積が多いような凸凹の河川でも良い感じでした。

足元は安全を語るうえでもっとも大切なものですが、語られることの少ないギアです。唯一の接点である足の裏を今のうちに気にしていれば長く釣りを楽しめるようになると思うのですが…

あなたはタビ派?それともシューズ派

久々にウェーディングシューズ新調。

友釣りに使う履物はシューズタイプとタビタイプに大別されると思います。
それぞれ一長一短があるものの私はシューズ派です。

それぞれの特徴は、その人によって長所にも短所にもなりえますが・・・。
私がタビタイプを選ばない理由としては・・・・・


・ワイズが広いタイプしかなくタビの中で足が踊ってしまい踏ん張りが効かない。
・アッパー部分に紐がないため細かい調節ができない。
・アッパー部分にネオプレーンを多用しているため全体の剛性がない、ゆえに疲れる。
・幅広タイプが多いため水流抵抗が大きい。
・かっこ悪い(そもそも友釣りのウェア自体カッコ悪いのですが)※嫁さん談

もちろんタビが足型に合う方は良いでしょうし、激流立ちこみ時、万が一足が挟まった時でも脱ぎやすいといったメリットもあります。
自分のスタイルで履き比べてみるのが良いでしょう。

私のワイズ(足囲)がCとDということもありますが、たどり着いたがこれ。既に四足目です。

P1050421
 ClimbZone クライムゾーン ウェーディングシューズ デラックス 2017モデル

秀山荘というお店のオリジナルですが、本来沢登り用。ですが問題なく友釣りでも使用できます。

P1050422

今まで使用していた2015モデルと比べると若干マイナーチェンジしておりました。

木型は同じということですが、よりハイカットとなり全体の剛性が上がっているであろうというのが見て取れます。

P1050425


私は沢登りをするわけではありませんが、秀山荘というお店、電話での対応も丁寧ですし専門家のアドバイスは目から鱗な事も多々あります。

専用品では納得できない方でも、他ジャンルをのぞいてみると新しい発見があるかもしれませんね。











ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII

久しぶりにウェーダー購入しました。

_DSC0002
  リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII

皆さんはどうなのかわかりませんが、私にとっては、数ある釣り道具の中でも、高価な割に買ってもドキドキしないアイテム上位。場所はとるし。

『寒いの嫌い』な私。今まで使っていたモンベル社のウェーダーは出動機会が少なくハードな使い方はしないのでおそらく10年以上使用したと思います。

_DSC0001

はじめて釣り具屋さんで試着した時、『うゎっ、軽っ‼』と思ったのですが、帰って両方ともに測ってみるとほぼ一緒・・・。

_DSC0003

モンベルのウェーダーは経年劣化もあり騙し騙し使用していましたが限界。アクアシールなどの専用品は高いしすぐに固まってしまうので、私の場合、ホームセンターで買ったシリコンコーキング剤を使用していました。

私の使用頻度順は

透湿ブーツ→透湿ストッキング→鮎タイツ→ネオプレンブーツ→ネオプレンソックス→鮎ウェーダー といったところ。 

思えばたくさんの物を使ってきました。
思いつくだけでも・・・・

アングラーズハウス、リトルプレゼンツ、Boil、パズデザイン、モンベル、ダイワ、シマノ、マズメ、アングラーズデザイン、シムス、阪神素地、foxfire、リバレイ、PROX。

『おすすめは?』とよく聞かれるのですが、個々の体形、釣りのスタイル、頻度、場所によってベストな選択は変わってくるの一概に言えないところがあります。

独断と偏見でおすすめをするのであれば、これはもう、ぶっちぎりでシムス(過去記事参照)快適さと耐久性は値段なりの価値はあると思います。
逆におすすめしないのはマズメとアングラーズデザイン。この2社は初期不良だとかそんなこととは別次元の話で。

これから寒くなってくると釣りモノも増えてきますよね、楽しみな季節です。




 

ものより思い出?


『ものより思い出』

少し前にこんなキャッチフレーズのCMがありましたね。

道具の価値なんてものは本当に人それぞれ。
最近購入した下の画像のリールとシューズって価格はほぼ同じなんです。

_DSC0527

_DSC0531
   シマノ オシアコンクエスト300HG

釣りをする人にとっては『シューズ、高っ!!」となるでしょうし、逆の立場でも同じ状況になるでしょう。



主にタイラバで使用するために購入。今まで無印カルカッタ200HGを使用していたのですが、重量級鯛ラバを使用した時のタルさと、ファイトタイム軽減のためです。

_DSC0534

実売12,000円ほどの差ですが納得できる差であったため購入。カルカッタ200はハンドルが貧弱なの交換を前提に考えると差は縮まります。
具体的使用感の違いといえば、巻き上げパワーとクラッチ部分の剛性感です。

ただしその快適さが釣果につながるか?と言われれば???



ポイントタックル

上の写真は某大手販売店のやすやす鯛ラバセットで計14000円ほど。このくらいのセットを使用してガンガン真鯛を挙げている人がいます。大手メーカーの最高級鯛ラバセットですと90,000円ほどで、そのオーバーホール代金でもう一セット買えそうな勢いです。

およそ80,000円の差があるわけですが、その費用を一回10,000円ほどの船賃にあて8回分経験を積んだほうが間違いなく幸せになれることでしょう。

これだけネットなどで情報があふれていると、経験したことがなくても『頭エキスパート』になりえますが、そういった人の実態はお寒いもので、最近そんな人が本当に多いと感じられます。

はじめに述べたように物の価値観というのは人それぞれですが、持ち物で人を値踏みするような下品なことはしたくありません。

初心者の方に特にいえる事ですが、『物質よりも経験』にお金をかけたほうが良いのは間違いない。
もっと言うなら、高価タックルをいきなり購入するよりも船長に焼酎の一本でも持って行ってコミュニケーションをとったほうが良いのではないかと。
もちろん釣りには様々な楽しみ方があるのでそれぞれを否定するものではありません。


そういう私も素敵なタックルがあると我慢できずにレジに持って行ってしまう『メーカーの思うつぼ野郎』なのですが・・・・・・。


 

超絶便利 『google chromecast』


ちょいと近くの電気屋さんに行ってきました。
スマホに子供のダンスの動画が入っているため、大画面で見たいなと。

HDMI端子に接続させようと思っていたのですが、私アンドロイド、妻i phone。
互換が無いんですよね、そうなると割高。

店員さんに相談すると、こんなに便利なものが。

P1050051

google社chromecast

使い方は実に簡単。

1.クロームキャスト本体をTVにつなぐ
2.本体とWi-Fiを接続
3.クロームキャスト対応のアプリで映画や動画を見る。


何が便利かって、家事をしているとき子供に動画をみせておけば、しばらくはおとなしくしてくれている事。

P1050055


まぁ、私は結局こうなるのですが・・・・・


P1050052

P1050054





人気ブログランキング参加中です。ご協力お願いいたします。

 人気ブログランキング
記事検索