九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

雑感

ルアーと餌と

休みのたびに襲ってきた台風もさすがに襲来する間隔を広めてきました。

そんな中、いつもと違う場所にも出かけてみます。

P1050812
釣れるのはクロ(グレ)とサバばかり 情報を追って釣行するとたいてい失敗する、の良い見本となった今回の釣行

結果玉砕。いつも『釣れる』釣りばかり続けていると『こらえ性』がなくなりダメですね。

で、次の週はいつもの場所へ。

P1050813
色々な釣法のお客さんがそろった ダンゴ、カゴ、そして我々のフカセ
ポイントがほぼ一緒なので心の中ではプチトーナメント状態

結果、季節の変わり目特有の状況に入ったのかこちらも芳しくなく。
とはいっても、3キロクラスの真鯛が3匹上がったので良しとしなければならないでしょう。



ところで皆さん『ルアーとエサどっちが釣れる』って考えた事、ありません?
同じ条件で比べることができない以上、結論はでないのですがその傾向はわかります。

例えば身近なターゲットである真鯛を『鯛ラバと餌』で比較した場合。

鯛ラバにかかわらずルアーで狙う場合、活性の高い個体を探しながら釣ることになります。

その際、船長のスキルに依存するパートが多くなり我々アングラーができるパートはおそらく2割程度となるでしょう。
対して、今足しげく通っている掛かり釣りの場合、ポイントは固定、後は撒き餌などでステージを作り上げることになります。
真鯛を餌で釣るとき同じ海域では、カゴ釣り、ダンゴ釣り、ズボ釣り、フカセ釣り、と行われていますが平均してサイズ、数ともに揃うのがフカセ釣りです。

活性の低い時、潮が流れない時など、どうやってもお手上げ状態になることが多い鯛ラバですが、それ自体に集魚力のある餌釣り、しかも自然に流せるフカセ釣りですと何とかなる場合が多いのです。

よって文頭の疑問の答えは『やっぱり餌のほうが釣れる』です。

『魚から見る鯛ラバ』は、例えてみれば焼肉やステーキ、お寿司なのでしょう。おなかがすいているときに見ると実に魅力的、でも毎日や体調の悪い時、気分じゃない時は見るのも嫌。
たいして『オキアミ』は日本人におけるご飯みたいなもので毎日食べれるし、多少体調の悪い時でも大丈夫。病気で寝てる状態でも上から降ってくるオキアミは口を開けてれば労せずして食べれますし。


ルアー釣り全般に言えることですが、ことさらにゲーム性の高さをうりにする記事を見かけます。
しかし、ルアー釣りでゲーム性の高さを売りにできるのはバスのボートゲームくらいではないでしょうか?


『あ~っ、あの人釣れてないな~、次はこう流そう』
『こいつ生意気だから逆から入れてやれ!!』


ソルトゲームで一番ゲーム性が高いもの、それは、言わずと知れた

『船長』

でしょうね。





こんなジジイになりたい


最近ニュースで様々な問題が取り沙汰されています。

アメフト、ボクシング、体操、etc・・・・

これらのことを一言で端的に表すとすればこれでしょう。


『老害』


さて、私たちも釣りをしていく中で、例えば新しいことを始めようとすると誰かに教えを乞うことになるかとは思います。
鮎の友釣りしかり、最近はまっている掛かりもしかり。

私は、そういった色々なことを教えていただく、いわゆる『師匠』に非常に恵まれています。

鮎の藤田師匠、かかり釣りの幸さん。ルアーの基礎を教わった故、マツダマサヒロさん、ほか、たくさんの方々に様々なことを教わってきました。

P1050749
見た目頑固ジジイだが考え方の柔軟な藤田師匠

P1050591
柔らかな物腰と経験に裏打ちされた釣技はさすがの一言 DUELスタッフ幸司さん

3a008e37.jpg
もうこんな人はなかなか出てこないでしょう 故マツダマサヒロさん
釣り人生で一番影響をうけた人です




これらの人に共通するのは決して否定しない事。

私が新しい仕掛けなど使って失敗すると

『だと思った』(笑)

と言って笑い飛ばしてくれます。自分たちが通ってきて様々な失敗を経験して知っていることに関しても黙ってみていてくれること。


それに加えて
『私は失敗してきたけど何か新しい考え方や技術の進歩によって違う結果がでるかもしれない!』
というふうに常に新しいものを吸収しようと柔軟に考えていることです。



私もこんな風に年を重ねていきたいものですね。



アフターサービス<リールメンテナンス>

『あぁ、また13,000円コースかぁ』

リールが良い感じにシャリってきました。
一時期ほどではないですが、やはり1年半~2年ほど使用しているとなんだかんだと不具合が出てきます。

この症状でメーカーに送るとマスターギア、ピニオンギア、ベアリング諸々でステラクラスになると12,000円~14,000ほど費用が掛かるのが常で納期も約2週間ほどかかります。

ステラ オーバーホール3


大体、リールやロッドが壊れるのは当然のようにシーズン真っ只中。

『さて、どうしたものか・・・・』と思案していると、ふと釣友のフェイスブックの記事を思い出します。
市内の釣具店でリールのオーバーホールを受け付けていると。

今回、お世話になったのが延岡の老舗釣具店である『河野漁具店』

ステラ オーバーホール2


お話を伺うと一年半くらい前から常連さんを中心に受け付けているとの事でした。ためしに一台頼んでみるとその仕上がりは実にツボをついた納得のいくものでした。

ステラベアリング
    ラインローラーのBB、サビさびのシャリシャリ

今回のオーバーホールの基本料金が4,000円。それにシャリ音の原因であるラインローラー周りのベアリングとその他のBBを交換して、計6,210円也。

特筆すべきは納期、今回は1泊2日。

そりゃあ、完璧を期す方はメーカーが良いでしょう。しかし今回の04ステラのような、古くメーカーが部品をもっていないものに関しては受け付けてもくれません。

部品もメーカー純正品から代替品までユーザーのニーズをくみ取って仕上げてくれます。
メーカーオーバーホールはどうしても一方通行になりがちですが、こちらは丁寧に説明してくれます。
また、FBでその詳細をみることが出来ることも初めて依頼する私のようなものでも安心です。

ステラ オーバーホール
 これでまだまだ真鯛やシマアジを連れてきてくれると思います。


すべての商品に言えることですが今やネット全盛。
さらに小売り店といえば大資本の物量作戦の前に、こう言った昔ながらの釣具店や電気店はどんどん数が少なくなってきています。

このような独自のサービスを行う店が近場にあるということは幸せなことだと思います。



河野漁具店 フェイスブックはこちらから

※『このブログをみました!』と伝えて下さい。もれなく『あっ、そう…』と言ってくれると思います。(笑)





暑さ寒さも・・・


昔から『暑さ寒さも彼岸まで』といわれます。

地球的規模で気象状況が変化している昨今、 そういった言葉も当てはまらなくなってきている現状もありますが。

DSC_0002


私の住んでいる宮崎県では9月17日に大型台風が通過しました。この時期の台風は友釣りの期間を一気に進めてしまう恐れがありますが、私のホームである五ヶ瀬川では『彼岸花が満開になるまでは鮎は登る』と言われています。

台風が上陸していた時点ではまだ彼岸花は咲いていませんでしたので、先人の言葉通りであれば登っているのでは?

それを今日あたり竿を出して検証したいところではあったのですが、子供お熱で今キーボードをたたいている状態です。


上でも述べたように『暦の上では』という言葉もだんだん当てはまらなくなってきていますが、身近な場所にある彼岸花やきんもくせいの香りが季節の移り変わりを教えてくれます。

この時期では『大分名物コノシロパターン』も彼岸花の咲き具合とリンクしてまして、そろそろ便りも聞こえてきております。

鮎のシーズン終わりはさみしいものですが、色々と釣りものが増えてくるのはまた楽しいものですね。

ID Fishingのすすめ

あらためまして私のブログで友釣りをするときの場所の区分けです。

下流域
 河口~上崎の瀬(日之影バイパス上り口)

中流域
 倉田の瀬~カンバの瀬

上流域
 放水口~高千穂まで

昨今の釣りでは海、川にかかわらず必須なのが情報戦。
毎日釣りにいける方はいざ知らず、多くの方がそうであるように、基本サンデーアングラーの私は釣友から得られる情報は貴重です。
海の釣りで『潮汐表』が欠かせないように、友釣りで欠かせないのが『国土交通省 川の防災情報』


ブログ


これがあれば客観的に数値として、かつ確実に河川の情報を知りえます。人伝に聞く『増えた減った』は主観が入ること多々なので。

肝心なのは自分の入るエリアの数値を体感的に覚えておくこと。
このブログも主にそのためのもので釣行した時間のごとの水位をカレンダーに書き込んでいます。そうすれば『あと何センチ下がればあの瀬を攻められるな』だとか『この増え方だとあそこに差すな』だとかがわかるようになり、無駄な動きをすることが少なくなります。

土日に釣行することのない私ですが、朝、データを確認し色々とシミュレーション。予測を立てた上で日曜の晩に釣友に聞いてみる。
実際に釣りに行かなくても予測と釣果が合致する事もあるし、外したとしても自分の引き出しとしてデータを蓄積することができます。

予測するのもなかなか楽しいものですよ。

野村ヤクルトばりのID野球ならぬ『ID Fishing』のすすめ、試してみてください。新たな何かが見えてくるかもしれません。

まっ、かくゆう私は、たいてい『なんとなくFishing』なんですが・・・・。






記事検索