九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

2018年08月

かかり釣り 完全フカセ タックルボックス

節操なく様々な釣りを楽しんでいる私ですが、やりこんでいる分野には、ある特徴があります。

それは、すべて大きなくくりで言うと『脈釣り』であるということ。

ごくごくシンプルな仕掛け(鮎除く)を使い、ダイレクトに魚の当たりをとらえるというもの。
ルアー釣り、鮎の友釣り、完全フカセ。

いま通いこんでいる掛かり釣り。はじめ教わったタックルバランスは00号のウキを使った沈め釣りでしたが、最終的にウキを取っ払い、よりダイレクトに魚の当たりを拾えるPEラインにハリス、針というシンプルなスタイルに落ち着いています。

アジングで言うと『飛ばしウキを使ったリグはいや!!』といったイメージです。


P1050766
ごくごくシンプルな掛かりフカセタックル
P1050767
フックもあまりこだわりはなし
しいて言えば友釣りなみにバンバン交換することぐらい

P1050765
ボックスはメイホー『バケットマウスBM-5000』
P1050764
船用大判ハリスがぴったり まるでこのために作られたよう
0.5刻みで2号~4号まで真鯛、イサキ、シマアジ、と使い分ける(ベースは2.5号) 
私は元来どんな分野でも太糸派 必然性のない細糸は意味がないと考えている


P1050772
市販の二本針も使用していたが今はほどんど使わない

・スイベルを外して直結するとさすがに糸よれがひどいこと
・一本に比べ自然に流せないこと
・針の結束に若干のムラがあり不安なこと
・針先から伝わってくる情報がぼやけること

トータル釣果を考えるとこの海域(数もサイズもデカい)では一本針に分があるように思う














こんなジジイになりたい


最近ニュースで様々な問題が取り沙汰されています。

アメフト、ボクシング、体操、etc・・・・

これらのことを一言で端的に表すとすればこれでしょう。


『老害』


さて、私たちも釣りをしていく中で、例えば新しいことを始めようとすると誰かに教えを乞うことになるかとは思います。
鮎の友釣りしかり、最近はまっている掛かりもしかり。

私は、そういった色々なことを教えていただく、いわゆる『師匠』に非常に恵まれています。

鮎の藤田師匠、かかり釣りの幸さん。ルアーの基礎を教わった故、マツダマサヒロさん、ほか、たくさんの方々に様々なことを教わってきました。

P1050749
見た目頑固ジジイだが考え方の柔軟な藤田師匠

P1050591
柔らかな物腰と経験に裏打ちされた釣技はさすがの一言 DUELスタッフ幸司さん

3a008e37.jpg
もうこんな人はなかなか出てこないでしょう 故マツダマサヒロさん
釣り人生で一番影響をうけた人です




これらの人に共通するのは決して否定しない事。

私が新しい仕掛けなど使って失敗すると

『だと思った』(笑)

と言って笑い飛ばしてくれます。自分たちが通ってきて様々な失敗を経験して知っていることに関しても黙ってみていてくれること。


それに加えて
『私は失敗してきたけど何か新しい考え方や技術の進歩によって違う結果がでるかもしれない!』
というふうに常に新しいものを吸収しようと柔軟に考えていることです。



私もこんな風に年を重ねていきたいものですね。



色々な壁

日中の気温は相変わらず30度を超えていますが、確実に季節の移り変わりを感じるようになりました。

今年は台風の当たり年、先の19号、20号の影響で五ヶ瀬川の水位は一気に2m上がりました。こうなると2週間ほど苔がつかない状態となります。

P1050749


ということで師匠にお付き合いいただき、蒲江のかかり釣り、西の浦釣りセンターへGO!!

近海で釣りをしているとサイズの壁として
『10㎏、1m』
というサイズがあげられると思います。
真鯛、青物3兄弟、シーバス、etc・・・そう簡単にクリアできるものではないですね。

P1050757
P1050758
このくらいのサイズは『普通に』というと大げさだが、まぁ釣れる
これを81㎝とみるか92㎝とみるかは意見の分かれるところではありますが・・・

P1050752
相変わらずの真鯛牧場っぷりをみせる大分の海
ただメーター以上のサイズを九州内で狙うとすると玄界灘が近道か?


P1050760

P1050759
師匠が『もう真鯛はいらん』という事なのでイサキにこだわって流し方を工夫してみると
これくらいのサイズがそろった


P1050761
先の台風で湾内に避難をしていた養殖いけすを目の前に引っ張ってくるまでは良い釣りが出来た

P1050653
少しでも『釣れたんじゃねぇ釣ったんだ』感を出すためには手持ちが必須
『流れを切るか?流れに乗せるか?』潮の壁を感じながらラインワークを考える


また、釣りをしている時に意識する事としての『壁』もあります。

『風の壁』
『潮の壁』
『温度の壁』
『ストラクチャーの壁』
『光の壁』


こういった壁を意識することでより『サイズの壁』を突き破れるのではないでしょうか。



fcab2174
最終的に真鯛90クラス1枚 80クラス3枚 70クラス1枚 イサキ40㎝~50㎝ 13匹 
撒き餌は3キロ1角が余るくらいで十分だと思う イメージとしては熱帯魚の給餌で食べ残しなく底まで届かない感じ 重い仕掛け、撒き餌を効かせすぎると『ヘダイ地獄』に陥る傾向が強い






<タックルその1>
ロッド 7.8F ティップランエギング用
リール ツインパワーXD C3000HG
ライン アーマードフロロ+PROエギング 0.6号 (DUEL)
リーダー TBカーボンふかせハリス2.5号 5m(DUEL)
フック 真鯛9~12号
<タックルその2>
ロッド 紅牙 MX76MHS AP タイジギング(ダイワ)
リール ステラ4000H
ライン HARDCORE X8 (PE0.8号) (DUEL)
ハリス TBカーボンふかせハリス3号 5m (DUEL)
フック 真鯛10号







後ろ髪ひかれながら

19号、20号が発生しているタイミングですが五ヶ瀬川の状況は良。
このタイミングを逃してなるものか!!と指折り数えて休日を待ち望んでいるときに、

妻『子供の検診入れといたから♡』
私『・・・・・・・』

正直、心の中ではあごがしゃくれていましたが、私の仕事である保育園の送迎は妻に任せ、短時間勝負を敢行。

P1050742
お盆が過ぎて一気に季節が進んできました



プランニングとしては

・すぐに入川できる下流域
・勝負が速い流芯
・やりとりをしたくないので身切れ覚悟のぶち抜き
・釣友のお土産1500gくらい確保できればいいや

P1050738
五ヶ瀬川の一番素敵なところは人間の縄張り争いで余計な気を回さなくて良いところ
ただしトーナメント的な細かい釣りは上達しない 技を磨くより体を鍛えたほうが良いと思う

一匹目を労せずして天然に変えてからは今年一番の釣り。

活性が高く囮の心配もないため途中からやり取り時間短縮を目指し、9号3本イカリをかなり長めに取り口掛かり狙い。

P1050745
ラインはDUELアーマードF鮎0.2号
一度根かかりしてシステムを組み直したが、こんないい加減なオルブライトノットでも必要十分な結束強度は保てる とにかく戦線復帰かかる時間が短いのが◎



友釣りは策に溺れるとろくな事がないのが常ですが、今日はほぼ思い通りの釣り。

そして後ろ髪をひかれながら五ヶ瀬川を後にしたのでした。


『このまま1日やったら60匹!!』と午前中好調の時はいつも思うのですが、そう甘くないのが五ヶ瀬川なんですけどね。

P1050747


今日の釣果 32匹(7時20分~12時)






リズムが大切 鮎の友釣り

またまた台風が近づいていますね。

14日は蒲江のかかり釣りの予定だったのですがあえなく中止。
天気予報をみるとお昼過ぎくらいまではできそうだったので五ヶ瀬川へ。

P1050726
 雲の切れ間から差し込む光に距離感を狂わされる

やはり風が嫌な感じ。
針合わせのミスだと思いますがバラシも多発。

お昼までの予定だったのですが予想に反して夕方まで竿を出すことができました。
強風とはいえ今日の状況からすると40~50は捕らないといけなかった。

P1050729

今年はかかり釣りと並行して釣行しているので、今回で3回目。

少し間が開くとやはりカンが狂いますね。



今日の釣果  
  33匹 2650g(Ave.80g)




記事検索