九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

2016年10月

ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII

久しぶりにウェーダー購入しました。

_DSC0002
  リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII

皆さんはどうなのかわかりませんが、私にとっては、数ある釣り道具の中でも、高価な割に買ってもドキドキしないアイテム上位。場所はとるし。

『寒いの嫌い』な私。今まで使っていたモンベル社のウェーダーは出動機会が少なくハードな使い方はしないのでおそらく10年以上使用したと思います。

_DSC0001

はじめて釣り具屋さんで試着した時、『うゎっ、軽っ‼』と思ったのですが、帰って両方ともに測ってみるとほぼ一緒・・・。

_DSC0003

モンベルのウェーダーは経年劣化もあり騙し騙し使用していましたが限界。アクアシールなどの専用品は高いしすぐに固まってしまうので、私の場合、ホームセンターで買ったシリコンコーキング剤を使用していました。

私の使用頻度順は

透湿ブーツ→透湿ストッキング→鮎タイツ→ネオプレンブーツ→ネオプレンソックス→鮎ウェーダー といったところ。 

思えばたくさんの物を使ってきました。
思いつくだけでも・・・・

アングラーズハウス、リトルプレゼンツ、Boil、パズデザイン、モンベル、ダイワ、シマノ、マズメ、アングラーズデザイン、シムス、阪神素地、foxfire、リバレイ、PROX。

『おすすめは?』とよく聞かれるのですが、個々の体形、釣りのスタイル、頻度、場所によってベストな選択は変わってくるの一概に言えないところがあります。

独断と偏見でおすすめをするのであれば、これはもう、ぶっちぎりでシムス(過去記事参照)快適さと耐久性は値段なりの価値はあると思います。
逆におすすめしないのはマズメとアングラーズデザイン。この2社は初期不良だとかそんなこととは別次元の話で。

これから寒くなってくると釣りモノも増えてきますよね、楽しみな季節です。




 

地磯DE根魚

ようやく涼しくなってきましたね、宮崎も。

P1050385

なかなかまとまった時間もなく、近場でチョイ釣りばかりしているこの頃です。
で、根魚。

今回はDUELのソルティ―ラバーにこだわって釣行してみました。
『こだわった』とは言っても結果的にそうなったんですが・・・・・。
いつもはテキサスリグを使い組み立てているのですが、この日はかなりの時化模様。時折危険な波が磯場を駆け上がってきます。
メインはソルティーベイトの30g・40g。
P1050400

タックルバランスはシマノのシーバスロッド9fのLクラスにメインライン1号。このバランスですと40gはかなり無理があるのですが時化模様の海況の中、かなり良い仕事をしてくれました。実際のところ、「根こそぎ」いきたい方はMクラスでしょう。
Lクラスですと快適なんですが一日やっていると、どうしょうもないヤツがきますので。

ソルティーベイトはもともとタコベイトがついています。トレーラーを色々と試してみるのも面白いでしょう。グラブ系、シャッド系、バグ系となんでも使えます。

P1050388


『ソルティーベイトの多面カットの強烈なフラッシングが遠くの魚を呼び寄せたぜ!!』と、どこぞの雑誌のような事があったのかどうかはわかりませんが、今日に関しては明らかに反応がよろしいようでした。

P1050392




記事検索
ギャラリー
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 2016 五ヶ瀬川鮎 夏の終わり
  • 2016 五ヶ瀬川鮎 夏の終わり