九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

2013年10月

ハンドルノブ交換

現在リールには様々なハンドルノブがついています。
丸型、T型、エギング、パワー、純正、社外、ユーザーの多岐にわたる要求にこたえようと色々な商品が世に溢れています。
今回、交換を考えたのは『シマノ ステラ4000』

s-P1030092.jpg 

私自身リールのカスタムなどにあまり興味はありませんが、直接触れるノブについては少し気になる所がありました。
T型でシーバスなどで使用する分は問題ないのですが、ボートなどでテンヤで真鯛などを狙うとき若干持ちにくさを感じていました。
で、選んだのはダイワのパワーライトノブM

s-P1030093.jpg 

『???』と思った方もいらっしゃるでしょうが、シマノのリールにダイワのハンドルノブは付く事があります。これは番手や製造年で変わってくるので、『やってみなけりゃ分からない』状態なのですが、逆(ダイワにシマノ)はシャフトの長さの関係でポン付けは不可能です。 

 s-P1030094.jpg

このノブは誘うときは『摘み』そして掛けた後は『握る』ことができるため気に入っています。

私は『シマノの竿にダイワのリール』でも使い易ければOKです。
負の面としては力が掛けやすくなる代わりにギヤに負担がかかってしまいがちなこと。特に私はやり取り時にリールに仕事をさせるのでよくリールから異音がしています。

なんにせよ試すときは自己責任で。


近海ジギング

自宅よりほど近い遊漁船。『英美丸』
s-_DSC0775.jpg
DUELスタッフ河野さんの取材お手伝いです。
詳しい釣果は河野さんの『レジャーフィッシング』次号に譲るとして思うところを少し。

ジギングやキャスティングといったボートを使用した釣りも他の釣りと同様、釣り辛くなってきているのは間違いないでしょう。
タックルの進化、とりわけPEラインの進化は目を見張るものがあり、ライトタックルでも信じられないくらい大物がキャッチされるようになってきました。
一昔前の感覚として2号と3号の間には強度や耐久性に大きな差を感じたものですが、現在の2号は十分に使用できるイメージがあります。たとえば3~5キロのハマチがたくさん釣れる大分では1.5号くらいでも十分戦えますし、今回カンパチがメインの宮崎でも2号タックルがもっとも活躍しました。
ライトタックルで戦うコツはとにかくファーストコンタクトで主導権をとる事。派手に追い合わせをする暇があったらゴリゴリリールを巻く。これに尽きると思います。(リールが逝ってしまいますが。)
昔、お手伝いで脱走カンパチを竹ののべ竿で釣った事があるのですが、カツオの一本釣りのように食った瞬間ブリあげれば一瞬で勝負がつくのですが、少しでも遅れるとブレイク多発。そんなことがありました。
カンパチメインでは4号メインでいきたいところなんですが、そうもいってられない状況が多いのでやはり幅広いタックルを持ち込む必要があります。
s-P1030091.jpg
よく質問で『CS、TBどっちが釣れますか?』と聞かれますが正直分かりません。使い分けもそれほど考えていませんがよく釣れることだけは確かです。
このCS、TB、すべての重さで良く釣れるのですが110gは特にお気に入りです。『食わせとアピール』という相反する性能をうまくデザインしていると思います。通常、このg数のジグはアクションを入れたとき自走しなくなるものが多いのですが、きちんと動いてくれるのは地味にすごいと思います。この細さで。

今後も間違いなくライトタックルへシフトしていくとは思いますが、そろそろタックルの再整備を考えなくてはいけませんね。



ロッドインプレ シマノ『ルナミス』 ダイワ『モアザン』

会社の後輩からロッドについて相談されました。
『フカセなどで大分の蒲江などに釣行するのですが、よくナブラが発生します。
ヒラスズキも結構いるんですがどんなロッドがいいですか?』と。
釣りに関してはまあ初心者の部類なので、その点を考慮しアドバイスします。

私が勧めたのがシマノ『ルナミス S1100M 8~42g 自重177g』
が、しかし最終的に後輩が選択したのが『モアザン AGS  107MH 10~60g 自重169g』


s-P1030080.jpg 

そして私もなぜか勢い余って購入・・・・


s-P1030079.jpg 

私のルナミスは実売24500円、モアザンは56700円、さらにセルテートまで新調、
さすがは独身貴族。

せっかくなので簡単にインプレを。使用ルアーは

s-P1030081.jpg 

サーフェスブル     66g
サーフェスクルーザー 56g
ドッグヒート        31g

この日本の誇る2大メーカーのロッド、それぞれの考え方が現れており実に面白い。
カタログスペック上はモアザンの方が適合ルアーの幅が広いのですが、キャスティング性能としては
圧倒的にルナミスの方が幅が広い。
ドッグヒートはあまり飛距離の差は出ないのですが、クルーザーではかなりの差が出ます。
ブルではさらに広がります。モアザンはブル、クルーザーでもフルスイングは厳しいです。
(人の竿というのもありますが)
私のスイングスピードはかなり早めだと思うのですが、ルナミスはバット部分でしっかりと受け止めてくれます。
対してモアザン。特筆すべきはその軽やかさ。自重以上の軽やかさを感じますし、ヒラスズキなどで多用される 12㎝クラスのルアーの操作性や感度などは素晴らしいものを感じました。
モアザンはサーフなどでも十分使用できる軽さを備えています。
ルナミスは重量級で有利、モアザンは軽量級ルアー有利といったところでしょうか。
キャスティング面ではアングラー側の入力をどこまでも受け止めてくれるルナミス、
7割程度のキャストでもそれを増幅してくれる感のあるモアザン。

対象をヒラスズキを含めたシーバスで考えると、1本で様々なルアーをカバーしたいのであればシマノ、
『シーバス命』で系統だてて細かく、きちんとシステムを組みたい場合ダイワで良いと思います。

比較した2本、実売価格で2倍以上の差がありますが、釣果が2倍になるわけでもなくスタイルの違いで選択するのが吉でしょう。

15年ほど前、アンリパとウエダがシーバスロッド2大メーカーとして君臨していた時代が懐かしく感じます。
SWに本腰を入れ始めて久しいダイワ、シマノの2社ですが両社ともにすばらしい製品を出しています。
技術力はもとより、全国どこでも手に入る販売力、価格、どれをとっても他社の一歩も二歩も先をいっている現状、 他メーカーを選ぶ理由を見つけるのに苦労します。
もちろん趣味のものですので『思い入れ』や『所有欲』といった付加価値も選択理由の一つに成りえますが。

他メーカーの生き残る道として、メジャークラフトのように低価格路線でコストパフォーマンスの優れたものを だすか、『FCLLABO』のように唯一無二のとんがったニッチ路線を目指すのか、その二つしかないと思います。

記事検索