九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

2011年03月

アオリイカ動画 補足説明


先日の動画の補足説明です。

冒頭、イカの体色が白→黒に変化しています。これは水槽に手を入れた為、イカが驚き、警戒したものと思われます。

次の瞬間、餌であるカタクチイワシを投入するやいなや、一気に盛り上がり『ガマン墨』を吐きながら体色を黒→白に変化させます。

イワシを頬張っているときは黒い体色で、さすがに次の獲物に箸を伸ばしません。そしゃくし終わった後に再びターゲットに狙いを絞ります。


このようにイカ類は状況によって体色を変化させます。


よくサイトエギングをしていると『白いからやる気がある』だの『黒いからダメ』といった会話が聞かれますが、実のところ、どういった場合にどの色に変化するのかは分かっていないようです。

ですから釣りにいった時、限られた情報で状況を判断することは、幅を狭めることにもなりかねません。

アオリイカは、イカ類の中では比較的研究が進められてはいるようですが、まだまだ分からないことだらけのようです。

アオリイカ捕食シーン(水中映像)



アオリイカの捕食シーンです。

ダラダラとした、何のひねりもない動画ですが、冒頭の戦闘体制に入ったときの体色変化は素晴らしいものがあります。

この水槽という狭い空間の中でも、およそ同じ地球内の生物とは思えないような、例えようのない面白い動きをします。魚類とはまた違った魅力をもつイカ類。

この釣りにハマる一因として、そのあたりにも理由があるような気がします。


お暇ならお付き合い下さい。













まずは足元から

先日、秀山荘に送っていたウェーディングシューズがフェルトの張替えを終え帰ってきました。

送料込みで、しめて6000円チョット。

さすがの仕上がりです。



2010 3 27 027 re 
2010 3 27 028 re 



つま先のエッジの部分もきれいな仕上がり。

今年も購入しようと考えていますが、デザインが変わるとの事でなんだか不安。

そろそろヒラスズキもよくなって来る頃。

準備OKです。



ロッドのアクションについて

ロッドを選ぶとき重要となるのが『ロッドアクション』

このロッドアクション、各社まちまちで統一された規格というものがありません。

さらに雑誌などでも個人の感覚によって『???』な記述がある事も事実です。


よく言われる『テーパー』という言葉

これは本来、ティップとバットとの径の差でありアクションをあらわす言葉ではありません。雑誌などの記述では、テーパーという言葉をアクション(調子)として記載してあることが多いのでますますややこしくなります。

2010 10 26 burogu 001 
      テーパー&シェイプ Namoto  バット太いです

2010 10 26 burogu 002                                     FCLLABO  UC88  バットとティップの径の差が少ないです

2010 10 26 burogu 004 



上記の写真はガチガチ代表のFCLとしなやか代表のテイパー&シェイプですが、正確に表記するならば

  FCLLABO         スローテーパーのスローアクション
テイパー&シェイプ      ファストテーパーのパラボリックアクション

ということになると思います。



よく硬い竿がファストと勘違いしている方がいらっしゃいますが、あくまでもアクションというのは『調子』のことで、分かり易い例で言えば、究極のファストアクションを持つロッドはカワハギ竿です。9:1とか8:2という表現で表されます。
 


さらに「この竿は曲がってからのトルクが凄い」という言い方もよく耳にします。基本、トルクというのは回転軸に作用するねじりモーメントの事ですから、力強さ(パワー)ではない訳です。言わんとしていることは良くわかりますが。

ゴルフのクラブのシャフトでは「ねじれ易さ」の指標としてトルクという言葉を使います。トルクの数値 が大きいほどシャフトはねじれ易く、トルクの数値が小さいほどシャフトはねじれ難くなります。

ですからそれをロッドに当てはめると、トルクが無いほどねじれ難く、パリパリ感が感じられ、トルクがあると遊びが大きく少しのミスはカバーしてくれるようなドロンとした竿になります



なぜロッドの専門家ではない私がこんなことを書いたのかといえば、ロッドを購入する際、あまりにもカタログ表記が各社まちまちで具体的な比較を各メーカーで出来ない現状があるからです。

物量の豊富な都市部では様々なものを手にとって比較することが容易だと思いますが、田舎に住んでいるとそうはiいきません

製品の、耳あたりのよい能書きよりも、具体的な数値を比較できるようなカタログを望みます。




   

爆風エギング

潮周りのよい日だったのですがなかなかうまくいきませんね。

爆風です。


2011 3 7  001 re 



魚ッ気はあったのですが・・・・・

一瞬風がやんだときに釣るのが精一杯でした。




記事検索
ギャラリー
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • ウェーダー購入 リバレイRBB タイタニュームウェイダーIII
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 地磯DE根魚
  • 2016 五ヶ瀬川鮎 夏の終わり
  • 2016 五ヶ瀬川鮎 夏の終わり