九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

2010年10月

久々の夜ヒラ釣行

前回のブログ記事でヘッドランプのことを書いていましたが、何故ゆえにこだわるのか。

それは『夜釣りが嫌いだから』に他なりません。

というわけで久々の夜ヒラです。

情報をくれた黒木君。サクッと釣り上げます。


2010 10 27 ヒラ 004 re 




大半はこのサイズですが稀にこんなヤツも。



2010 10 27 ヒラ 011 re 
2010 10 27 ヒラ 012 re 
ナイスコンディションのヒラ84センチ


釣り上げたのは徳永君ですが、まだ始めて間もないとの事。黒木君が色々とアドバイスをしておりました。

夜釣りで大物を釣り上げるのは得てしてこんな人。

今後、ルアーフィッシングの『泥沼』にはまっていくのは間違いないでしょう。




この一本

 
厳しい状況を打開するとき、ぜったいに取りたい時、そんな状況で投入するフェイバリットルアーというものをお持ちではないかと思います。

そんなルアーの中でも、世間ではあまり使われていないもの、雑誌などの媒体でも殆ど登場しないものの『でも俺は大好き!!』といった商品も皆さんの中で一つや二つはあると思います。

今日はそんなルアーの紹介。



まずはこれ

2010 10 26 burogu 006 
タックルハウス TKR130H



詳しい説明はメーカーのWEBページに譲りますが、『ジャイロ』というギミックがほどこされています。

その動きの特徴は、トップでもなく、ミノーでもなく、シンペンでもなく・・・・といった一見とっつきにくく、『何じゃこりゃ』といったものです。

しかしその特性を理解すれば、今から始まろうとしている河川の落ち鮎パターンや、大分名物のコノシロパターン、はたまた磯のヒラスズキや青物まで幅広く活躍してくれます。

先の浩敬丸釣行でも渋い状況の中、唯一の一匹を絞りだしてくれたのもこのルアーです。

色々な媒体で『このルアーでないと捕れない魚だ!』という表現を見かけます。ソルトルアーでは特に再現性に乏しくそういった表現は好きではありませんが、そういった気にさせてくれる数少ないルアーです。




続いてはコチラのルアー

2010 10 26 burogu 007 
シマノ オシアペンシル115S SS


こちらはもともと対青物用として売り出されているルアーです。しかしリングとフックを交換することにより様々なシチュエーションで使用可能。

今から先の季節、サーフや、特に磯のヒラズズキで威力を発揮します。

シンペンというと細身で小型の物が多いのですが、これはそのボリュームと水噛みの良さでアピール抜群。それでいてナチュラル。

磯のヒラスズキでは状況によってSとSSを使い分けます。



4~5年前までは私の中で欠かせないルアー達でした。今では『大人の事情』で出番はめっきり少なくなりましたが・・・・・

みんなが知っているメジャーなルアーで釣るのも楽しいですが、釣具屋の陳列棚の隅に追いやられているルアーで釣るのもまた楽しいもの。



別に上記のメーカーからサポートを受けているわけではありませんが『良いものは良い』という事で。
















浩敬丸釣行 シーバス編

  

2ヶ月前から『この日だ!!』と予想しチャーターを入れていたおなじみ浩敬丸。

冷たい雨にたたられました。


2010 10 25 浩敬丸 206 re 




バス用ベイトリールで魚をかける同僚の鶴りん。当然ファイトタイムは長引きます。乗り合いのときはやめたほうが無難です。


2010 10 25 浩敬丸 213 re 
ルアーはオシペン150F



4キロほどのハマチですがとんでもないかかり方です。

ベイトもまばらでシーバスも激シブ。オマケにイルカもいるし・・・・

結局、大塚船長に悪態をついて終了しました。





※大塚船長のブログをリンクに追加しました。ぜひご覧下さい。






月曜は・・・

明日の日曜日が終わるとお休みの月曜日。

しかも二連休。

月曜日は今年初の浩敬丸チャーター。

出船できるかは微妙な状況ですが、時化たら時化たで今好調のヒラスズキへ行こうと考えています。

いよいよ『釣欲の秋』本格突入の予感です。

まだ見ぬ楽園を求めて

『一人勝ち』。すてきな言葉です。

さかな釣りをしている上でも、この状況になると私も「逆上がりをしても大丈夫なくらい」の天狗の鼻になってしまいます。

とはいえ他人に先んじて爆発的な釣果を上げるためには、それ相応の技術と運、努力が必要になります。

今日は潮も小さくあまり期待は出来なかったのですが、まだ見ぬ楽園を求めてヒラズズキへ。



2010 10 18  re1 




先日、電話をもらった『ふーちゃん』をさそい、そして『だまし』行き先を告げずに車に乗せます。

このふーちゃん、幼なじみなのですが、シーバスからGTまで、松岡さんに上から下まで付き合える数少ない人物。




2010 10 18 re2
この時点では元気いっぱい



『・・・・・・で前にきたときはどれくらい出たの?』

『ん?初めてよ

『また騙された・・・・』

とがっかりするふーちゃんを無視して足を進めます。



2010 10 18 re4 





さすが人が入ってないだけあって草ボーボーです。しかも思い切り道をまちがえるし。




2010 10 18 re3 




目的の場所についた頃には潮位のタイミングを逃し、疲労困憊。

場所のイメージを延岡市の中で分かり易くいうと、獣道のような愛宕山を8分目まで登り降り。それを2セット。

登り降りだけで力を使い果たし釣果ゼロ。

しかし次につながる釣行ではありました。




ところで上の写真にある山道を歩くと引っ付いてくる草の数々。うちの田舎では『ざし』と呼ぶのですが皆さんのところではなんと呼びます?

記事検索