九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

2010年09月

五ヶ瀬川を憂う



今日の朝日新聞に五ヶ瀬川の鮎やなに関する記事が載っていました。


鮎やな 001 re 





内容としては、近年落ち込んでいる鮎やなの集客を、延岡市の観光協会を中心としてあの手この手で建て直し、延岡の伝統文化である鮎やなを復活させようというもの。





2010 9 27 001 re 



大瀬大橋の下流では急ピッチで工事が進められています。

それと同時に瀬掛け漁の漁場も重機を使い川底を均しています。

私も友釣りで鮎を採っていますので大きいことはいえませんが、どちらが環境に対して負荷が掛かっているかは明白です。
 


産卵期の生物をこれだけ捕獲していれば次年度以降にしわ寄せがくることは当然でしょう。



この鮎やなや、季節の風物詩として定着している瀬掛け漁。

これを『延岡の誇る伝統文化』とみるか『延岡の恥』と見るかは、置かれている立場で人それぞれ変わってきますのでこれ以上はいえませんが、その解禁時期など、いよいよ考えなくてはならない時期に来ているのではないでしょうか?






ソル筋

2010 9 28 001 re 




昨日、昼から時間が空いた為、友釣りに行ってきました。

しかし雨模様。川に浸かるとまるで解禁当初のような水温。

結局、3匹で終わりました。



2010 9 28 003 re 




掛かった鮎はご覧のとおりで、少し泳がすとこのようになってしまいました。

もういよいよ終わりのようです。『納竿の儀』はいつにするか?

天気がよければもう一度行ってみようかな、と思っていますが・・・・・







・・・・・・・で今日は久しぶりにソルトゲームへ。

延岡の沖磯、『島毛灯台』へ渡ろうと思っていましたが、時化のため、あえなく中止。せっかくなので大分は鶴見半島の防波堤に。



2010 9 28 004 re 



最大で2.5キロとサイズ的には物足りませんが、適当にヤズが遊んでくれました。



しばらくして背後で殺気を感じます。家族へのお土産にと〆ていたヤズを持ち去ろうとする黒い影。

自分と同じ位の魚を引きずりながら、一生懸命運ぼうとする姿がいじらしく、そのまま見てみぬ振りをしました。



2010 9 28 008 re 



しばらくルアーロッドをもたなかっため、『友筋』は発達しましたが『ソル筋』が相当衰えていました。

サイズは出
なかったものの、いいリハビリにはなりました。












なぜかもの悲しく・・・

秋分の日の今日、延岡はあいにくの曇り空。

この時期になると、そこはかとなく物憂げな雰囲気となるのは鮎釣り師共通の心境だと思います。



2010  9 23 ayu 001 re 





急激に訪れた秋。途中雨が降ったり、竿が折れんばかりの風に悩まされました。

今年も鮎のシーズン、台風や大水が無かったため釣りにくい状況であります。

かなり押しの強い流れにおとりをねじ込んだのですが、なぜかサイズが上がりません。盛期に釣れるような若い鮎が多く掛かってきました。

この感じだともう少し楽しめそうですが、そろそろ違う釣りも考えなければなりません。

あと何度いけるのでしょうか?




2010  9 23 ayu 003 re 






今日の釣果  17匹 1310グラム

今年の五ヶ瀬の傾向

皆さんが口をそろえて『悪い悪い』と口をそろえる今年の五ヶ瀬川。

ちょっと早い気はするのですが今年を振り返ってみます。

私も非常に悪いと感じていました。



平成21年 6月~8月 平均釣果 26匹 (15日間)
平成22年 6月~8月 平均釣果 25匹 (13日間)



ん?あんまり変わっていない・・・・。


基本、週休2日の私ですが、なんやかんやで月5日くらいの釣行ペースです。実釣時間は9時~16時ほど。世のサラリーマンの平均ではないでしょうか?

よく師匠が言うのですが『毎日河に入る職漁師ならいざしらず、遊びでやってる友釣りの釣果は毎年そう変わらんよ』と。

まさにその通りの結果となっています。


五ヶ瀬川の友釣り情報はネットで見てもあまり集まらない為、自分の釣果がどの位置にあるのかよく分かりません。人伝に聞く話でも釣り人の『だいたい〇〇』ほど当てにならないものはありませんし。




今年の釣技の上達具合>今年の五ヶ瀬川の状況の悪さ




によって釣果が落ちなかったと思い込む事にします。



今年で友釣り8年目ですがまだ『伸びしろ』は残っているのか?はなはだ疑問ですが・・・・





早いもので一年

早いものでこのブログを立ち上げて9月18日で丸一年となります。

いつも、つたない文章に付き合っていただいている皆様に御礼を申し上げます。



基本的に夏は鮎、その他はソルトルアーといった内容で綴っていますが、夏になるとヒット数が落ちるところを見ると、
『ソルトなヤツ』と認識されているのでしょう。


よく『何の釣りが一番好きですか?』と質問されることがあります。

答えとしては『やっている釣り、すべてが好き』ということになります。



巷には、「この釣りを覚えたらほかは出来ない」、「この釣りが一番レベルが高い」、「あれは邪道」といった
『○○至上主義』的な方が多く見受けられます。

特に鮎の友釣りをやっている年配の方に多いように感じます。


たしかに面白く中毒性のある釣りであるということはやっていて感じますが、他の釣りを貶めるような行為や言動はあまりにも了見が狭すぎるでしょう。


様々な釣りを体験することによって、自分がメインでやっている釣りに、その経験をフィードバックさせることが出来れば、また更なる奥行きを見つけることが出来るのではないでしょうか?




記事検索