いやはや辛い状況でした。『ザ・一人負け』

お世話になったのはブルースフィッシングサービス。

_DSC0323


今日の乗船者は5名。みなさん5~6枚の真鯛をコンスタントに上げていましたが私だけエソ一匹のみ。

三時間ほどたった時点でボウズは私のみでしたが、元来、天邪鬼なわたくし。『じゃあ、』と周りを見ながら形や色を合わせずに貫き通してみました。 

_DSC0335
 相変わらずテキパキと気持ちの良い船長


ポイントの入り方なども観察していましたが、私にだけ釣れない要素というものが最後まで見えません。

船長をはじめ乗船者の方々、いらぬ気を使わせて申しわけありませんでした。

_DSC0005 (1)
 悔しいので無駄にかっこよく鯛玉撮ってやったぜ

 

でもこれが釣りですよね。

明確な答えが永遠に分からない。
よくパズルに例えられる釣りですが、ジグソーパズルなどはピースをはめ込めばどんなに難しくても答えがあります。釣りの場合、いくら分かった気になっても答えなどないわけです。おそらく答えが出てしまえばすぐ飽きてしまうでしょう。
答えがない、ゆえに20年やりこんでもドップリとさらに深みを探してしまう。

いや~、本当に勉強になった一日でした。