九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

東京ディズニーリゾートに行ってきた 番外編

前回で締めたつもりでしたがもうひとネタお付き合いください。

家族連れのテーマパークになくてはならないカメラ。
ベビーカーとならんで、これも結構迷いました。
思い出を素敵な感じに残したい。
『う~ん、一眼持っていくか・・・ベビーカーの積載量も大きいことだし。』 
しかし一緒に連れて行ったのはこいつ。
_DSC0109
   Canon Pawershot G7X

いわゆる高級コンデジと言われるカテゴリーのカメラです。一眼も考えたのですが小さい子供を連れてベビーカーを引いて重くてデカいレンズを振り回すのは厳しいと思い3日前に急遽購入。

ブログの写真はすべてこのカメラです。こういった旅行の写真で一番大切なことは『ちゃんと写っていること』につきます。これは妻も使用するため重要事項です。

購入して日も浅かったため無難な写真に終始しましたけどね。と逃げを打っておきます。

詳しい性能は・・・・まぁ、ググってください。正直、『違いの分からない男』ですので。

大きな失敗は時間がなく予備バッテリーをもっていかなかったこと。大体180ショットと動画15分くらいでダメになりましたので肝心の夜景がかなりビクビクもの。
二日め丸一日Seaにいたのですが、いい雰囲気の時にバッテリー切れを起こしてしまいました。

IMG_0437
 無念、ストロボ発光できずの図



余裕があれば一眼レフ、ぜひ持っていきたいですね。



 

東京ディズニーリゾートへ行ってきた その8

完結編
IMG_0426




さて、この旅でいくらかかったのでしょうか?

アトラクションをめいっぱい楽しむ 3DAYS
ディズニーランドホテル スタンダードスーペリアルーム(パークビュー)6階

お会計¥291,200ー

ソラシドエア宮崎→羽田往復
お会計¥101,720ー

シェフミッキー
お会計¥16,200-
 
合計¥409,120-
※これと現地での食事代とお土産代・お買い物代がかかっていますが、それは把握してません。



う~ん、結構かかってますね。

一週間ほどたってあらためて冷静に考えてみます。結論としては行ってよかったし、我が家にとって、このプランは間違っていなかったんじゃないかと。
日程も二日だとちょっと物足りなかったでしょう。三日でベストでした。

あと、前情報をあまりに入れすぎるのも考えものですね。いまyoutubeなんかでもパレードやアトラクションの動画がアップロードされていますが感動が半減します。

IMG_0256


我が家にとって高価なことにはかわりがないのですが、この手のことでコストパフォーマンスを考えても仕方がないですしね。
玄界灘で50万のタックルで2万で船に乗って高速代使って、ボウズで帰ってくる。そんなことを平気で繰り返していることを考えればたまにはこんなことも悪くない・・・・、と自分に言い聞かせています。

IMG_0139


九州や北海道の人間にとってはなかなか行ける場所ではないですが、繁忙期に快適に過ごすためにはこれくらいかかるよ、と参考になれば幸いです。



そうそう、深夜に我が家に帰宅したのですが次の朝、『行縢少年自然の家オープンデー』に朝からあそびにいっていたら『パワフルやね~』と言われてしまいました。

IMG_0606
IMG_0610




ちょっと前まではこんなこと考えられなかったのですが。
二女の最後の入院が約1年前。このまますくすく育ってくれることが何よりの願いです。


次回より普通の釣りブログに戻ります。




ディズニーリゾート編 おわり


 

東京ディズニーリゾートに行ってきた その7

あっというまの5月3日最終日。



ランドの主に入場して左側を回ります。

IMG_0530
IMG_0513

ビッグサンダーマウンテンやスプラッシュマウンテン、私でも知っているアトラクション。前に来たのが高校時代の修学旅行でしたのでそのころの甘い思い出が・・・・って、実際この場所には何の思い出もありませんでした。


IMG_0525
  相手の出方をうかがう熊と娘

長女と妻が楽しんでいる間、でっかいくまさんが遊んでくれましたよ。少しビビッてましたが逃げ場なし。

BlogPaint
 でも最後はこの通り ディズニーマジック恐るべし




そのあとはパレード。上の娘、ダンスを習っているものですからいろいろと刺激になったと思います。

IMG_0539

IMG_0537
パレードの待ち時間、隣の方と遊んでいただいたり
BlogPaint
 ノリノリで踊ったり








どうする?ベビーカー問題
IMG_0110

今回の旅で最後まで悩んだのがベビーカー。もちろん現地でも借りることができます。(リンク参照)。写真中央に写っているミッキーカラーのそれがそうです。
結局は持ち込みましたが。

IMG_0535
IMG_0534

うちが使っているのはエールべべの三輪バギータイプ。このタイプの利点としては
・大きくなっても(5歳くらいまで)使える
・走破性が高く少しの砂利道でも大丈夫
・サスペンション付きなので乗り心地がよい
・前輪360度回転するのでかなり小回りが利く
・普通に走れて、ハリウッドセレブの真似ができる
・背が高い男性でも腰が曲がらず負担がかからない(私は183センチ)
・カップホルダーが超絶便利


デメリット(欠点)は
・そのままだとデカい(自動改札は通れません)
・折りたたんでもデカい(小型車ヴィッツ、アクアなどのラゲッジルームに載らない)
 ※飛行機(国内線)には追加料金なしで載せられます
・重い(片手ではもてません)、小柄な女性は車に乗せるのに難儀するかも
・パンクする可能性がある。(実際経験あり)



結果的には持ってきて良かった。
『子供を乗せて移動』という性能に関しては圧倒的に優れているのでアクティブ派のあなた、例えば田舎在住で大きめの車あり、子供と出かけることが多い、しまえるスペースがあるなど、上にあげたデメリットを許容できればこのタイプをおすすめします。
うちの場合、障がいを抱えているので車いす代わりに使ってますが、4~5歳くらいでも『抱っこ病』が発症すると親のHPをかなり削られるのでその意味でも長くつかえるのはありがたいです。
今回、ほとんど困ったことはありませんでしたが唯一、リゾートラインに上がるエレベーターが狭くなんどか待ったことくらいです。
混雑時のランドはベビーカーの『展示会か』と間違うほどの台数がスタンバイしてますので、盗難や間違い防止に目印などをつけておくべきでしょう。

IMG_0405
ガイドをしてくれた姉ちゃんも三輪の小型タイプとさすがのチョイス



いや~、しかしながら楽しめましたよ、今回の旅。
結局楽しんだアトラクションは3日間で18種類、長女は交代で乗ったりしたので23回くらいです。時間指定なしのファストパスと名ガイドのおかげで激戦時期のGWを待ち時間なく楽しくゆっくり過ごすことができました
下の子のことを考えてホテルのチョイスとプラン二ングでしたがお金をかけた分は十分に楽しめましたし、ホテル含めた『非日常感』を味わえたこと、また来たいなと。

BlogPaint
      Disneyホテル 中庭にて


ただね、この金額はホイホイとこれるもんでもないですし、次は再開発されて新しくなったリゾート、東京オリンピック前あたりに来れればいいな、と考えています。







その8につづく

 

東京ディズニーリゾートに行ってきた その6


時は5月2日午後14時~。



IMG_0386

レストランで英気を養った私たち家族はゆっくりと休憩・・・するわけもなく『マーメードラグーン』へ。こちら子供向けの屋内施設。

IMG_0408

しかしおチビちゃん二人が文字通り夢の国へ。

BlogPaint

その間、姉ちゃんに甘えて我々はアトラクションを楽しむことに。
今回の旅で行っているメダルの収集も、姉ちゃんのアドバイスにより加速。すべての価格が割高なディズニーリゾートの中で一枚100円はありがたい。しかしチリも積もればなんとやらで枚数がかさんでくるとね・・・・、それなりに。途中収集ケースも購入したもんだから集めたくなるよね、そりゃ。

BlogPaint

妻に軽く怒られていましたが・・・・、わかる、実にわかるぞ!その気持ち!!こうゆーことだろ。

_DSC0010 (1)
200910251142499ac[1]

ひとつ空いてるなんて許せないもんな・・・・、と心の奥底で応援してました。




最高の天気に恵まれた三日間の行程、暑くもなく寒くもなく。ただ、これだけ歩き回ると水分補給も重要になります。今回のパッケージで思いのほか役立ったのが『ドリンクフリー券』。コーラやウーロン茶のほかに場所によってはタピオカドリンクなどレアものを置いているところもあり、これからさらに暑くなれば強い味方になってくれるでしょう。

夕刻、下の子も復活し楽しんでます。

IMG_0434

IMG_0431
 今回、案内してくれた姉ちゃんとまったり作戦会議中の娘


IMG_0323

夕食までつきあってもらった姉ちゃん、広大なSeaの中をガイドなしで歩くのは魚探なしで新しい海域に出かけるようなもの(Seaだけに・・・)。掛け値なしに助かりました。

本当にありがとう。今度旦那さんと帰ってきたら釣りのガイドは任せて。




IMG_0436

ここまででパッケージの時間指定なしのファストパスが残り3枚(ひとり一枚)。
部屋に戻るとハンドタオルが『ダンボ』に。

IMG_0438
 う~ん、芸が細かいぜ、Disneyホテルさん


こうやって夜は更けていくのでした。

残りあと一日。




その7につづく




























 

東京ディズニーリゾートに行ってきた その5


DAY2 Disney Seaを楽しむ



IMG_0266

本日の起床は5時40分、すぐにシャワーを浴びてリフレッシュ。カーテンを開けると少し鈍色のそらが広がるランドの入場口が見えます。すでに並んでいる方もちらほら。
いつもはなかなか起きない二人も今日はすぐに目が覚めたようで。 
朝食は二日間ともに予約済み、ホテル内のシャーウッドレストランのバイキング。

IMG_0274
BlogPaint

だだ朝食は予約しなくてよかったかな?適当におにぎりでも買って部屋で食べたほうが良かったかも。繁忙期に遊ぶときディズニーホテルにとまる大きな魅力は『ハッピー15エントリー』

この日は8時開園だったのでホテル宿泊者は15分前に入場できたのですが、レストランのオープンが6時30分。小さな子供がいると結構時間がタイト。7時30分頃にSeaのゲートについたのですが宿泊者のうちの最後尾あたり。中に入れたのが7時57分ほどでした。

IMG_0282
  平成28年5月2日 午前7時20分ごろ リゾートラインより




最強名ガイド参上
開場後、すぐに人気アトラクション『トイ・ストーリーマニア』へ。
すぐに乗ることができて一安心。ただその後、すぐに180分待ちになったのはビックリ。

BlogPaint
 朝一にトイストーリーを出てきた状態でこれ・・・・果てしない列


ここで前々から連絡を取り合って、いろいろとアドバイスをしてくれていた姉ちゃんと合流。
この姉ちゃんというのが筋金入りのディズニーマニア。広大なDisneySeaという大海原の小さな瀬(マニアなトリビア)、海流(人の流れ)、魚の動き(アトラクションの動向)を的確に把握し無駄のない動きで私たちを導いてくれます。
その様はまるでどこぞの敏腕船長のよう。

_DSC0014

しかも同じ小さな子供を持つ親としての気配りもばっちり。安心して身をゆだねることができましたよ。

IMG_0321

Seaって初めていって分かったんですけど、ベビーカーを引いているとかなりアップダウンが多いんですよね。しかもショートカットできない。ただ不快な高低差か?というとそうでもありません。簡単に目的地に行けるのも良いですが、曲がった先のわくわく感など計算されつくされた配置を楽しむのもまた良いものです。(車いすの方はちと大変かもしれません)


IMG_0337

姉ちゃん曰く『今日、GWだけど平日だからか意外とすいてるね』ということですが我々からすると激込み。でも名ガイドのおかげで無理なくショーやアトラクションを楽しめました。昼食もタイミングをみてまったりと。

IMG_0357





その6につづく





 
記事検索