九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

マイナーチェンジ

久しぶりに二日連続釣行。
やっと体が鮎釣り仕様になってきました。

今日は中流域。いつもは一日のうち、一度は大きく場所移動するのですが今日は腰を据えて。

長年友釣りをやっていても仕掛けが少しづつ変わってきます。

今年のテーマは原点回帰。
とにかく単純に、簡単に。フック式鼻かんを使って瀬の中を引いています。
人を制す(場所取り)必要のない平日の五ヶ瀬川。

P1050448


私の実力ではMax40の五ヶ瀬。(今日は36でした)
手返しよりもいかに取りこぼしなく、といったところでしょうか。

日ごろの行い

数ある友釣りあるある。
・掛かったばかりの魚を引き船に入れようとすると滑って放流。
・『よし!仕掛けはこれでOK!』最後に本線をハサミでカット。
・バリバリの囮で『さぁ行ってこい!』、『あいたたたた!!』イカリがざっくり。

今日のあるあるは・・・・。

『あっ~~、針ケースがない~~』
先日、満杯にした針ケース流失、痛恨のファスナー閉め忘れ。
こんなトラブルがあるとやる気がなくなります。

P1050471

テンションだださがり、だらだらな一日。いいやつも混ざりながら27匹。

『この流速ならあの辺に浮いてんのかな~』などと考えながら帰り支度を整えながら周囲に目を向けると!!!!!!!!!!!。


P1050467

発見!!!!!

たるみに流れつきぷかぷかと浮いておりました。

なんか入れ掛かりするより超うれしい。日ごろの行い?





掛からないことを確認


P1050458 (2)

雨後の五ヶ瀬川。
一目散に上流域へ。が思ったよりも掛かりません。
『さてどうしたものか・・・』としばし思案。せっかくなので魚がどのタイミングで掛かり始めるのかを確認することに。

P1050466 (2)

自分史上、最も高水の本流。濁りはほとんど気になりませんが左岸、水につかると腰、一歩前に出ると胸。安全マージンを考慮しつつ鉛をかませて入れてみると・・・・、あれっ、普通にかかる・・・、どころかハイペース。3時~4時で7匹。

結局、谷で掛けた魚と合わせて22匹。

『掛からないことを確認』とカッコつけたつもりが普通に掛かるという。だだ、くれぐれもご安全に、と自分に言い聞かせています。







カンバっちゃおう‼

先日の雨でリセットされた五ヶ瀬川。
少し水が高いようですがどこかで爆発する感むんむん。
会社の同僚を日之影役場前に送り届け、私は一年に一度入るか入らないかという瀬。
そう、泣く子も黙る『かんばの瀬』
P1050441

平日の五ヶ瀬では基本『一人一瀬』てな感じです。※別に決まりではないですが。
しかし、ここの瀬に関しては後から後から人が入ってくるので自分の釣りができないんですよね。
でもなぜかこの日は釣り人もまばら。
『それじゃ、カンバっちゃおう‼』ということに。
右岸の竿を出せる範囲を3度ほど行ったり来たり。夕方子供の病院があったので3時には納竿しました。夕方掛かりそうだったなぁ・・・・。

P1050443 (2)

最大は24センチほどですが小さいのも混ざります。
久しぶりに見ると超うれしい、増えたり減ったり増えたり減ったりの計29匹。

P1050445 (2)
コレコレ、スリムながらもこの尾びれとヌメリ。これぞ五ヶ瀬鮎

この雨後の釣り仲間の情報で今年の五ヶ瀬の様子が大体分かってきました。
過去3年間の状況を考えると上出来ですが、魚が多いかというと⁇でもきちんと釣りは成立します。

あと1日2日照り込みが続けば最高でしょうがこのタイミングで台風・・・・


おすすめアイテム

それが目的ではなかったのですが大手のスポーツ量販店で物色していた時のこと。

『おっ‼良さそうだな』と思って手に取った商品が、事のほか良かったので紹介したいと思います。
ウェーディングシューズに使うインソールなのですが、元来、スパイク専用ということです。

P1050438

そもそもウェーディングシューズ自体の中敷き、ろくなものが使ってない。適当なスニーカーの流用だと思われるものや、水の中で使用するのにやけに水を吸う素材のものも。

その点、この商品は水を吸う素材ではないし(ポリウレタン)薄目なのでサイズにあまり響かない。何より1000円ちょっとなので万が一、足に合わなくてもダメージは少ないのが良。

P1050439 (2)

五ヶ瀬のような川底の表面積が多いような凸凹の河川でも良い感じでした。

足元は安全を語るうえでもっとも大切なものですが、語られることの少ないギアです。唯一の接点である足の裏を今のうちに気にしていれば長く釣りを楽しめるようになると思うのですが…

記事検索