九州を釣ろう

『一蓮托釣』から『九州で釣ろう』へ。 前よりもいろんな意味で、若干緩めの釣行日記。

かかり釣り フカセタックル考

P1050595

先日は主に2タックルを持ち込みました。

タックルその1
ロッド 7.8F ティップランエギング用
リール ステラC3000
ライン アーマードフロロ+PROエギング 0.6号 (DUEL)
リーダー フロロカーボン2.5号 7m
ハリス 市販の2本針仕掛け3m(ハヤブサ)
フック 真鯛9~12号
※付属のスナップサルカンを外し直結

タックルその2
ロッド 8.6F シーバスロッド(MLクラス)
リール ステラ4000H
ライン HARDCORE X8 (PE0.8号)
ハリス フロロカーボン10m 4号
フック ヒラマサ12号 真鯛10号
※フックは重さで沈下速度を調整するため様々


様々なことを考慮すると自分の中では『タックル1』がベスト。
このタックルだと長年この釣りスタイルを構築してきたDUEL幸さんに対しても釣果は劣りません。

P1050601
このスタイルを大分の地で構築してきた先駆者である幸さん。釣りに対しての造詣はさすがの一言


2号~のフロロラインを使用するフカセ釣りに対して、細PEを使用すると流れに対しての制御がオートマチックになるためです。

P1050570
タックルその1 このバランスがベスト ただし小型リールは耐久性に難アリ
50~60の中鯛を30匹くらい抜くと何かしらのトラブルが発生する


流れの壁を感じ取りリーダー部分の長さを変えていくことがキモとなるでしょう。
この釣りは上から下までゆっくり全層を探っていくため様々な魚種が狙えます。二本針仕掛けを使うのはイサキなどがあたって来るときに有利となるので好んで使用しています。(八割がた下の針を食いますが)。
また市販仕掛けのスイベルを外していますが、それは最後までロッドでやり取りをしたいため。
最後までロッドで引きを味わいたく手でたぐりたくないんです。
そうすると、PEを使えども糸よれの問題が出てきますので一日快適に過ごすなら一度システムの組直しが必要となってきます。

またやり取りに関しても適度なドキドキ感を味わえます。
大物といわれる70㎝を超える個体でも、さして引かない真鯛ですので自分の技量に合わせて同船者に迷惑を掛けなければ良いでしょう。

P1050603

これが『タックル2』の組み合わせになるとやりとりの『作業感』が増し増しになるし、流れや風といった外的要因に対するデメリットが顔を出してきます。

自分の技量ですと04に落とすと途端にシビアさが増してきます。あたりの絶対量は増えますが水揚げで考える(やり取りの時間、トラブル等)とあまりメリットはないでしょう。
ただし同じスタイルで大アジやイサキを狙うならアリです。

PEラインのもう一つの大きな利点は目印。例えば水深40mの場所で水面に対して45度の角度でラインが入っていくとします。となるとボトムまで直角二等辺三角形を形成することになるため1:1:√2となり大体40mの1.4倍の56m出せばボトムとなります。
そうすると『あっ、この辺通りすぎるとヘダイが来るから一回誘いで5m上げてみよう』なんてことが可能です。
同船の幸さんは長年のカンでイメージしているようですが、ふかせ釣りの経験の少ない私としてその目安が非常に助かります。


問題となるのは小型リールの耐久性です。獲物を泳がせながらやり取りをするとなんてことはないのですが、障害物や同船者のことを考えるとそうもいかないのでどうしても無理をさせてしまいます。
真鯛の30匹でもあげればよい感じに逝ってしまいます。

シマノで言うと快適さの3000番、作業性の4000番といったところでしょうか。

ただ細PEの扱いに慣れることは必須。トラブルがあったとき速やかに現場復帰できる結束などのスキルは必要となりますので修練あるのみです。








真鯛乱舞!!

P1050595

台風の影響があり不安定な天気が続いている中、大分県蒲江へ。
リアス式海岸の連なる大分は悪天候でもなんとかなる事が多い。

本日のデータ
若潮
干潮9時00分
満潮15時44分


早朝5時30分ほどから実釣開始。水深23mほどにあるポイントは真鯛、イサキ、シマアジ、石鯛など多様な魚種の狙えるところ。
基本、上から落としていく釣りのため、このくらいの水深ですと手返しもよくリズムに乗った釣りが展開できる、魚がいればですけど・・・・。

この日は、幸さんおすすめの潮周り。爆発力はないものの一日中ぽつぽつ釣れるとのこと。

P1050596

始めの場所で潮止まりを迎えた時点でポイント移動。
そこは若干深めの40m。これだけの水深を攻めるとなると『ガン玉打ってドスン大作戦』を敢行したくなりますが、そういうことをしていると、もれなくヘダイやチヌの猛攻をうけることになるため、やはりじっくりゆっくり『いそがば回れ』が結局効率が良いのです。

P1050598
P1050616
P1050613
  今日一真鯛は81㎝ きれいな魚体でした。


最終的に81㎝を頭に50~60で型揃いの真鯛を9枚、オオモンハタ、イサキ、など幸さんの予言通り一日中ぽつぽつと釣れつづくなか、潮止まりの15時、ヘダイの猛攻を浴びてゲームセット、

P1050615

な一日でした。

P1050614
蒲江の天気は変わりやすい。雲の流れに目を奪われていると『バチバチ』っとラインが走る!!







かかり釣りで釣り分けは可能?

最近、通っている大分県蒲江のかかり釣り。今回もDUEL幸さんにお付き合いしていただきます。

今日のデータ
潮汐 中潮
満潮4時34分 干潮11時15分
曇り時々雨


結論から言いますとまぁ釣れました。朝5時半くらいに実釣を開始したのですが、潮が動きだした7時くらいからダラダラと15時終了の時刻までヒットが続きました。

P1050576
 潮が流れ始めてヒットしたシマアジ46センチ この日は2枚のみ

P1050588
 撒き餌は幸さんにならってオキアミ1角に麦をブレンド

P1050568 (1)
 今日の水深ですと一流し10~15分前後かかりますがその中で撒き餌投入が6~7回
 一回の量はこれくらいでとにかくマメに



このかかり釣り、2人、もしくは3人ならんで竿を出すわけですが、タックルバランスにより魚種の偏りが生じます。

P1050570
 PE06タックル オーバーホールしたステラも快適 

P1050582
 今日いちの75センチの真鯛♂ 脱走君が大きくなったものか?
 06タックルで適正に上がってきますが04タックルだとちょいと厳しいサイズです。



私は基本完全フカセで、流れによりガン玉を打つのですが、今日用意した道糸はDUELアーマードフロロプロの0.4号と0.6号。

対して幸さん、フロロライン2.5号の通しに、状況により00のウキを沈め探っていくスタイル。

P1050573
安定のファイトスタイル このリールの持ち方を真似して04ラインを高切れさせてしまった私
慣れないことはするもんじゃない・・・魚にのされた時は右ひじを前に出し左手でバランスをとれば、いっぱしのフカセ釣り師のできあがり
   


P1050591
P1050593
 これも良型 75㎝の♀ これは回遊の美しい魚体


潮の流れを読みながらよりテクニカルに釣るならウキフカセ、オートマチックに、よりイージーに釣りたければPEの細番手を選ぶのが良いでしょう。

ともにスピニングを使うわけですが、幸さんは真鯛連発、私の04タックルにはイサキ、06タックルにはシマアジ、と見事に偏りが出ます。これはフロロとPE の特性により流すタナ、スピードが変わってくるためによるものだと推測されますが、これを突き詰めていけば釣り分けも可能になるのではないかと考えています。

P1050586
 これは専門に狙っても面白そうな石鯛 多様な魚種が遊んでくれます


と、言いつつ私は『受三郎』にかけて適当に流す、という物ぐさフィッシングを行っていますので、とりあえず魚が釣れれば何でもOKです。

P1050587
 ダブルできたシマアジとタイ 受三郎 良い仕事をしてくれる

P1050579
 幸さんクーラーボックス いつの間にか真鯛たくさん


今後、本格的な夏に突入すると真鯛も本格化するとのことですので、友釣り、かかり釣りと忙しくなりそうです。

アフターサービス<リールメンテナンス>

『あぁ、また13,000円コースかぁ』

リールが良い感じにシャリってきました。
一時期ほどではないですが、やはり1年半~2年ほど使用しているとなんだかんだと不具合が出てきます。

この症状でメーカーに送るとマスターギア、ピニオンギア、ベアリング諸々でステラクラスになると12,000円~14,000ほど費用が掛かるのが常で納期も約2週間ほどかかります。

ステラ オーバーホール3


大体、リールやロッドが壊れるのは当然のようにシーズン真っ只中。

『さて、どうしたものか・・・・』と思案していると、ふと釣友のフェイスブックの記事を思い出します。
市内の釣具店でリールのオーバーホールを受け付けていると。

今回、お世話になったのが延岡の老舗釣具店である『河野漁具店』

ステラ オーバーホール2


お話を伺うと一年半くらい前から常連さんを中心に受け付けているとの事でした。ためしに一台頼んでみるとその仕上がりは実にツボをついた納得のいくものでした。

ステラベアリング
    ラインローラーのBB、サビさびのシャリシャリ

今回のオーバーホールの基本料金が4,000円。それにシャリ音の原因であるラインローラー周りのベアリングとその他のBBを交換して、計6,210円也。

特筆すべきは納期、今回は1泊2日。

そりゃあ、完璧を期す方はメーカーが良いでしょう。しかし今回の04ステラのような、古くメーカーが部品をもっていないものに関しては受け付けてもくれません。

部品もメーカー純正品から代替品までユーザーのニーズをくみ取って仕上げてくれます。
メーカーオーバーホールはどうしても一方通行になりがちですが、こちらは丁寧に説明してくれます。
また、FBでその詳細をみることが出来ることも初めて依頼する私のようなものでも安心です。

ステラ オーバーホール
 これでまだまだ真鯛やシマアジを連れてきてくれると思います。


すべての商品に言えることですが今やネット全盛。
さらに小売り店といえば大資本の物量作戦の前に、こう言った昔ながらの釣具店や電気店はどんどん数が少なくなってきています。

このような独自のサービスを行う店が近場にあるということは幸せなことだと思います。



河野漁具店 フェイスブックはこちらから

※『このブログをみました!』と伝えて下さい。もれなく『あっ、そう…』と言ってくれると思います。(笑)





依存度高し、アーマードフロロ

依存度高いです。

DUELアーマードシリーズ。

1


私が主にアーマードシリーズを使用している分野が鮎の友釣りとアジングなどの細糸分野、それと船掛かり釣り。
それ以上の高番手(シーバスや青物)は通常の4本や8本よりを使用しています。

鮎に関しては早くから使用していましたが、船かかりの完全フカセ、これ最高に良いです。

基本、完全フカセというとフロロ4号にごつい電動が思い浮かびます。
鹿児島のチョロ釣りなんかが有名ですね。

かかり釣りではいろいろなPEを試してみましたがアーマードフロロがベストマッチ。比重も沈みすぎず浮きすぎず。
0.6号をメインに0.4号も使用。

0.4号というと『細すぎない?』と思われるかもしれませんが、直線強力はPROで3.5キロ。これは今まで道糸で使用していた2.5号フロロと同等です。
今からの時期に回遊してくる、大分でいうところのデカいアジ、通称『ガラアジ』釣りにちょうど良いです。

きちんと摩擦系ノットができる方であればOK。

やり取りはナイロンやフロロがその伸びを利用し『いなし』ながらプレッシャーをかけていくのに対し、PEのそれは、伸びのなさを利用して頭の向きを積極的に制御する感じ。
今までメインで使用していたロッドは『シマノ ボーダレス380M-T』ですがPEタックルはボートエギング用を使用。

ちなみに『他になんかないかな』と行きつけの釣り具屋さんで物色していたところ、キャスティング鯛ラバロッドがガイドも大きくてよさげだったので機会があれば購入して試してみます。

掛かり釣り特有の障害物であるロープやいけす網なのですが、これも問題となることはそうありません。
ボートゲームのやり取りに際してはロッドの長さは短ければ短いほど有利。長くなるとどうしても一瞬の遅れが生じるので。
まぁ、これは慣れの問題も大きいのですが・・・。

ただし、一瞬で頭を制御するというやり取りは、リールに多くの仕事をしてもらうことになりますので小型スピニングで真鯛やシマアジをかけていると高級機でもすぐに『ゴリゴリシャリシャリ』になり、ダイワシマノに多額のお布施をすることになります。

贅沢を言えば、0.4号にマーキングを施したものがあれば・・・・と思っていたところライトボートゲーム用が追加されるているようです。

出来ればPROでも出してほしいなぁ。



記事検索